ショック! ケースがiPhoneを傷付けてしまった...

ショック! ケースがiPhoneを傷付けてしまった... 1

信じてたのに...。

以前にも、iPhone 5にケースは不要、という記事をギズに掲載しました。「ケースをつけていた方が何となく安心」という感覚も、理解できます。ただ、ケースのせいでiPhoneに傷が付いたとなれば、話は別じゃないでしょうか。

消費者問題を扱うサイトThe Consumeristが、ケースのせいでiPhone 5に傷が付いてしまったイリヤさんの話をレポートしています。イリヤ(Ilya)さんはiPhone 5にIncaseのSlider(スライド式ケース)を付けていて、ケースを外したときに傷を発見したそうです。その衝撃をこんな風につづっています。

 

 

先週、僕はiPhoneの細かいところのホコリを取ろうと思ってケースを外すことにしました。そしたらiPhoneの側面に傷が付いてたんです。ケースを付けたときは傷なんかなかったし、すごくショックで、何でそんな傷が付いちゃったのかわかりませんでした。でもケースの内側をよく見てみたら、プラスチックのパーツが突き出している部分があったんです。それはiPhoneの傷にちょうどあたる位置でした。多分このケースは不良品で、結局それでiPhoneに傷が付いちゃったようです。

それって、メーカーに弁償とかしてもらえないの? と思ってしまうのですが、ケースの使用によるその他のものの損傷は保証の対象外とIncaseのサイトに明記してありました。じゃあユーザー側はどうすればいいのか...。このケースのケースは不良品だったことが問題とはいえ、不良品かどうかなんて使ってみるまでわからないので、対処のしようがありません。

それでもケースを使うメリットは、元通り付けてしまえば傷も隠れるってことかもしれません。でもそれは、iPhoneをむき身で使って傷が付いてからにしてもよさそうです。とはいえ、2ヵ月ケースなしで使ってこんなに傷だらけにしちゃう人もいます。ケースありとなしのどっちがいいのか、結局は人それぞれの使い方によるのかもしれません...。

The Consumerist

miho(Casey Chan 米版