アップルの目玉商品iTV発売は2014年以降、ディスプレイサイズは46~55インチの見通し

アップルの目玉商品iTV発売は2014年以降、ディスプレイサイズは46~55インチの見通し 1

来年の発売は見送られるようです。

アップルの送り出す次なる目玉デバイス、iTV。ギズモードでもその詳細について度々報じてきましたが(「アップルの「iTV」はこんなイメージ。テストも着々と進んでいる模様」「AppleのiTVは32~55インチの3サイズが用意されてA6プロセッサ搭載っぽい」)、新たな情報が出てきました。今回の情報源はiTVの製造を請け負っているとされる鴻海精密工業(Foxconn)の関係者。その話によると、iTVの初期テストは既に始まっているものの、以前より噂されていた来年冬のリリースには間に合わない模様です。

121220itv2.JPG

彼の話によると、ディスプレイには46インチ〜55インチの高解像度パネルを採用。12月12日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、アップルがシャープとFoxconnと共に、大画面の高解像度テレビの設計をテストしていると記事になりましたが、それについては「可能性は高くない」とのこと。では一体どこの液晶パネルを採用するのか、それについては明らかにされていません。

様々な噂が飛び交っていますが、どうやらiTVの開発が始まっているのは間違いなさそうです。どういったデバイスになるのか、早くお目にかかりたいですね!

BGR via ラシカル開発記 , ウォール・ストリート・ジャーナル

(KITAHAMA Shinya)