知っていると得するiPhoneの便利な小ワザ5選

121113ozpa_column04_main.jpg

ギズモードをご覧の皆様、ご機嫌麗しゅう。OZPAの表4のおつぱ( @OZPA )です。

今月のコラムでは、「知っていると得するiPhoneの便利な小ワザ」と題しまして、別に知らなくても生きていけるけど知っていれば何かとお得なiOSの小ワザを5つほどご紹介いたします。

iPhoneでバイブレーションのパターンを作ろう!

まずは、電話やメールの着信時のバイブレーションのパターンを作れるよ!という小ワザ。

121113ozpa_column00.jpg

設定アプリの「サウンド」から、パターンを作成したい着信の種類(電話、メール、リマインダーetc...)を選択し、「新規バイブレーションを作成」にてバイブレーションのパターンを作成することができます。

121113ozpa_column01.jpg

作成中の画面。広がりゆく波紋が大変にキレイです。

着信音と合わせてパターンを作成すれば他の人とは一味違った着信パターンの出来上がり。是非お試しあれ。

参考:iPhoneでバイブレーションのパターン作れるの知らなかったんですけどいざやってみたらなんか楽しい件

iPhone横持ちでフリック入力が更に便利になる!

続いては文字入力に関する小ワザ。

121113ozpa_column02.jpg

こちらはデフォルトの「メモ」アプリの画面。この縦画面による入力に慣れている方も多いかと思います。

121113ozpa_column03.jpg

ここで、画面の向きのロックを解除、iPhoneを横向きに構えてみると...

121113ozpa_column04.jpg

ご覧のように、画面右側下には今まで通りフリック入力のキーボードが、左側には変換候補の一覧が表示されるように!

慣れてしまえば今まで以上に素早いタイピングが可能になります。これは特に、画面の広いiPhone 5ユーザには是非お試し頂きたいTipsですね。

iPhoneをシェイクでアンドゥ・リドゥが可能

こちらは有名ですが大変便利な小ワザ。

入力した文字を誤って消してしまった時や、意図しない場所に文字をペーストしてしまった時など...「あぁ...もう一度ひとつ前の画面に戻りたい...楽しかったあの頃に...」という場面は多々訪れます。そんな時にはiPhoneをシェイクしてみましょう。

121113ozpa_column05.jpg

すると↑のように、アンドゥ(もしくはリドゥ)操作が表示されますので、タップしてあげれば一つ前の画面に戻ることができるのです:)

Macで言えばcommand + Z、Windowsで言えばalt + Zの動作をしてくれるわけですね! これは覚えておいて損はないでしょう。

Safariをフルスクリーンモードで閲覧

残り2つはデフォルトのWebブラウザ、Safariに関するtipsです!

まずは、ブラウジングを快適にするこちらの小ワザから。

121203ozpa_add01.jpg

SafariでWebページを閲覧時、ランドスケープモードにして、画面右下の矢印をタップしてみましょう。

121203ozpa_add02.jpg

すると、このようにフルスクリーンモードでのページ閲覧ができるようになります。アドレスバーなどが引っ込んで、快適なブラウジングぅ。

121203ozpa_add03.jpg

ページの戻る、進むボタンは左下にありますのでご活用あれ。

Googleに隠された機能...!

最後は、Googleに隠されたとある機能をご紹介いたしましょう。ちょっと前に話題になりましたので知っている方も多いかな...?

121203ozpa_add04.jpg

Safariにて、Googleの検索窓に「斜め」と入力、検索ボタンをタップしてみましょう。すると...

121203ozpa_add05.jpg

ウワアアアアアアアアアアアアアナナメニナッチャッタァアァアアアアァアァアッァ(iPhoneと筆者の脳は正常です)

Googleに秘められたこの隠し機能。1年以上前にiPhoneなどの一部スマートフォンで実装され、最近PCブラウザ(IEなど一部ブラウザを除く)にも取り入れられ話題となりました。この遊び心、ニクイですね。

そんなわけで、「知っていると得するiPhoneの便利な小ワザ」5選でございました! これからも良いTipsがあれば随時ご紹介していきたいと思います。

OZPAの表4 Tipsまとめ

(OZPA)