繋がんなきゃ安心できないじゃん? iPad mini、Nexus 7、Kindleを「Pocket WiFi LTE」と組み合わせてタブ充になろう!

Sponsored

2012-12-05em00.jpg

7インチタブとPocket WiFi LTEでタブ充に!

最近流行ってます。7インチクラスのタブレット端末。前々からちょこちょことこのサイズの端末は見かけましたが、やはりブームの火付け役はNexus 7でしょうか? 飛び抜けた安さで人気となりましたね。

また、先日発売されたiPad mini、Kindleなども、このサイズのタブレット端末。続々とこのサイズが発売されるってことは、やっぱり使いやすいのはこのくらいの大きさってことなんでしょうか。

10インチクラスのタブレット端末は、頻繁に持ち運ぶとなるとサイズ的にも重さ的にもちょっと億劫になってしまって、家に置きっぱなし...ってケースも実は多いんじゃないかなぁと思います。

でも7インチクラスなら、小さめのカバンでもスッポリ入るし、片手で持って操作できるサイズと重さ。やっぱこのサイズのタブレット端末は外に連れ出したい!

と、ここで問題になるのが......。そう、ネットワークです。外に持ち歩くとなると、Wi-Fiスポットだけじゃなくもっと手軽にネットに繋がる3G/LTEでの通信が欲しくなってくるんですよね。Nexus 7はWi-Fiモデルしか無いですし、Kindleは3Gモデルあるけど遅め。iPad miniは先日LTE版が発売されましたが、ちょっと維持費辛いっす!

というわけで、快適モバイル通信環境を目指すならモバイルルーターとの組み合わせが理想的かもしれません。

タブレットとモバイルルーターを仲良くさせよう!

121211_emb02.jpg

■Pocket WiFi LTEは料金もスペックも申し分なし

モバイルWi-Fiルーターは各社からリリースされていますが、料金面とスペック面で見比べるとイー・モバイルのPocket WiFi LTE」が頭ひとつリードしている感じ。

料金面では、2012年12月17日現在で、高速通信のLTE(※1)がLTEプラン(にねん+アシスト1600)なら月額3880円の定額で使い放題(※2)。この値段でスマートフォンのテザリングではなく、ルーターを使ったLTEがビュンビュン楽しめるのは、コストパフォーマンスの面で見てもとっても魅力的です。最新の料金情報はイー・モバイルのホームページで確認してくださいね。

ルーターは頼れるGL04Pがおすすめ。こちらの記事でもご紹介しましたが、もともと高性能なモデルがファームウェアアップデートで通信時間が9時間から10時間に伸びたり、機能の追加があったり、さらにデキる子になっています。詳しいアップデートの中身は後ほどご紹介しますね。

まずは、この子と仲良くしているタブレットたちをイメージしてみましょう。12月に登場したばかりの新色、ホワイトにご登場頂きます。各端末とイチャつくGL04Pさんの様子をどうぞ。ぜひ想像力をフルに使って妄想してください。

■Nexus 7と手繋ぎラブラブ

121214_emb_nexus.jpg

Nexus 7はWi-Fi接続しか利用できませんがGL04Pさんはネット接続のサポートとしてそっと連れ添います。あなたは繋がるわ、私が居るもの。

■Kindle Paperwhiteとベンチで甘酸っぱい青春

121210_emb.jpg

デビュー間もないKindleと、ベンチでの語らい。初めて来た日本に戸惑っているのでしょうか? 

■iPad miniと窓際デート

121212_emb_ipadwhite.jpg

GL04Pさんが寒さがにじんでくるこの時期の窓際にいるときにも、さすが優しいiPad mini。そっと寄り添う大人の余裕です。

「リア充」ならぬ、「タブ充」ですね。うらやまけしからん。3端末を一緒に使うと修羅場なシチュエーションにもなりますが、どの端末とも仲良くできる子なので安心です。

その他端末との仲良し写真は以下ギャラリーよりどうぞ。

2012-12-05em_g032012-12-05em_g052012-12-05em_g06

GL04Pが最新ソフトウェア公開でさらに魅力アップ!

12月5日に公開された最新のSoftware Ver.2.1では、さまざまな機能拡張、調整が図られて、さらに魅力がアップしています。具体的には以下のとおり。

・最大通信時間が最大約10時間で安心の大容量バッテリー

マルチSSIDで暗号方式の異なる端末を同時接続できる

・microSDに入っているデータを共有できるNAS機能

・街中のWi-Fiスポットや家のWi-Fiルーターとの自動接続切替ができるWi-Fiスポット接続に対応

となっています。やはり注目すべきは最大通信時間。大台の2桁、10時間使えるとなると、電源入れてバッグに入れておけば朝出かけて帰ってくる頃まで安心して使えます。名刺サイズで約140gという軽量ボディなのに3000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、これだけのスタミナがある端末はなかなか無いのでは?

121213_emb.jpg

NAS機能も便利そうですね。複数端末から動画や音楽などを再生できたり、写真を共有したりと、面白い使い方ができそうです。

また、このタイミングでカラーバリエーションも追加されています。従来のブラックモデルの他にレッドと今回紹介したホワイトの2色が追加。端末の色に合わせてカラーを選ぶ楽しみもありますよ。

2012-12-05em_c012012-12-05em_c022012-12-05em_c032012-12-05em_c042012-12-05em_c05

個人的にはレッド(ピンクっぽい)がお気に入り。でもタブレット端末が白系なら、ホワイトも綺麗ですね。ブラックもまた落ち着いた色でガジェット好き向けなカラーリングです。迷う!

さて、いかがでしょうか? タブレット端末と共にPocket WiFi LTE(GL04P)がある生活。見た目もスタイリッシュでどのタブレット端末と組み合わせてもマッチしてくれますよね。また、その名のとおり高速なLTE通信にも対応で、月額3880円で使い放題(※2)というコストパフォーマンスの高さもまた魅力的です。

今のところ死角らしい死角が見当たらない、完成度の高い端末&サービス。このイー・モバイルのPocket WiFi LTE(GL04P)は、これからのモバイルに最適なパートナーとなってくれる気がしますよ。みなさんも手持ちのタブレット端末とイチャイチャさせてみてはいかがでしょうか?

Pocket WiFi LTE(GL04P)[イー・モバイル]

(小暮ひさのり)

※1:「EMOBILE LTE」の通信速度は、下り(受信時)最大75Mbps/上り(送信時)25Mbpsとなります(いずれも対応エリアは一部エリアのみ)。「EMOBILE LTE」エリア外の「EMOBILE G4」エリアでは下り(受信時)最大42Mbps/上り(送信時)最大5.8Mbpsとなります(いずれも対応エリアは一部エリア)。最大通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度として保証するものではありません。なお、通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。また、機種により最大通信速度は異なります。サービスエリアの詳細はイー・モバイルのホームページでご確認ください。なお、端末側(データ通信端末からWi-Fi対応機器側)の通信規格は無線LAN(IEEE802.11b/g/n準拠)となります(GL04PはUSBケーブル接続による通信も可能)。

※2:LTEプラン(にねん+アシスト1600)およびデータ通信タイプ「フラット」ご加入の場合で、月額割1600円割引の場合となります。なお、「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づき、通信速度の制御を実施しております。詳しくは「EMOBILE通信サービス」における通信品質確保を目的とした対策についてをご覧ください。