速く長く走り過ぎると「人生のゴールを切るのも早まる」ことが判明

121204post_11267.jpg

「あんまり速く長く何年も走り過ぎると人生のゴール切るのも早くなるよ」というアスリート魂を一気に萎えさせる記事が、イギリスの医療ジャーナル「Heart」来月号に出ています。

このほど医学会議で報告された2つの大規模な研究成果を紹介したもの。やっぱり過ぎたるはなお及ばざるが如しなのかな...?

運動に伴う心臓のリスクについては従来、競走中に死亡する人の数を目安に評価していました。マラソンランナーの死亡率は約10万人にひとりなので、それほど大きなリスクではないように思えますよね。走っている人の方が走っていない人より長生きであることを示す統計もあります。

今回、5万2600人を30年間に渡って追跡調査してみた結果でも、確かに走っている人は走っていない人より死亡率が19%低かったのですが、週20~25マイル(32~40km)以上走る過激なランナーだけ見てみると死亡率はそんなに変わらなかったのです。ほどほどに走っておけば長生きできるものを...せっかく足で稼いだ寿命を走り過ぎで擦り減らしてたという...。

もうひとつの調査でも、時速8マイル(12.9km)以下のスピードでゆっくり走るランナーには死亡率の大幅な改善が見られたのに、時速8マイル(12.9km)を上回るスピードで走る人たちには全く改善が見られなかったそうな。

過激なアスリートの循環系に異常が見つかった(例:座りっぱなしの人にありがちな冠動脈石灰化)という話も最近報じられてますが、今回のふたつの調査はそれを裏付けた形です。無論、走り過ぎと心臓リスクを直結させるのには慎重な意見もありますが。鍛えられる運動量と擦り切れる運動量の境目って...どの辺なんでしょうね。

まあ、時速8マイル(12.9km)超えると心臓バクバクだし...ゆっくり走れる口実ができてウシシかも!

WSJ

Image by h.koppdelaney under a Creative Commons license

Leslie Horn(原文/satomi)