グーグルが画像検索からエロを排除

グーグルが画像検索からエロを排除 1

ノーモアエロ。

グーグルが画像検索から、露骨に性的な画像がブロックされたようです。検索結果が今までとは違う...。

例えば「Dick」を検索すると...。Dickは英語で男性器に当たる言葉です。しかし、同時にスラングで「あのクソ野郎!」というように嫌な奴をさす言葉としても使われていますし、Richardの短縮ニックネームにもなります。検索結果は、多くがDickさんの画像。性的意味でのDickはでてきません。

グーグルが画像検索からエロを排除 2

セーフ検索がデフォルトとなったのでしょうか? どういうことでしょう。CNETの取材にグーグルが応えています。

「アダルトコンテンツをブロックしているわけではありません、ただ性的なものをふいにださないようにしているのです。つまり、ユーザーが明らかに性的なものを探しているとわかる場合でなければ、性的画像は結果にでてきません。アルゴリズムによってそうなっています。アダルトコンテンツを検索しているのなら、明らかにそれとわかるように検索ワードを変える必要があります。」

ほかにも意味があるエロワードだけでは検索されないということですね。「おっぱい」という語句だけではなく「女 裸 エロ おっぱい」といったように、僕は今、明らかにエロを欲している!というのをアルゴリズムに伝えないといけないようです。

そうこ(Sam Biddle 米版