みたいもーど:2012年デジタルガジェットライフ振り返り「今年は使い込んで良さがわかってくるものが多かった」

"2012"

つい最近まで暑かった気もするのですが、マヤ暦でなくても、2012年ももうおしまいです。ということで、2012年のデジタルガジェットライフで買ったものを中心にして振り返っておこうと思います。

 

 

バランスのいい1台。オリンパスOM-D E-M5

みたいもーど:2012年デジタルガジェットライフ振り返り「今年は使い込んで良さがわかってくるものが多かった」 1

ミラーレスで初の防塵仕様というところだけをみて、他はあまりチェックすることもなく購入したOM-D E-M5。気づいてみれば、今年いちばん写真の枚数を撮影したデジカメになりました。

実用に耐えるファインダー、バリアングル液晶、水準器機能、5軸手振れ補正、毎秒9コマの連写。そしてなによりも、ここまで長くミラーレスを作ってきたオリンパスによって練り上げられた絵造りです。これらの総合力で、日々持ち歩いて、それほど負担ではなくて、満足できる写真が撮れるデジカメとしては、現状いちばんバランスがいい1台だと思います。

また、キットレンズの標準ズームが、35mm換算で24〜100mmな上にマクロ機能やフォーカスロックまでついた上にモーターズームなので、まさにスチルから動画まで自在に使える超実用レンズ(もちろん防塵防滴)で、結局このレンズばっかり使ってます。

iPad miniはビューワーとして最強のタブレット

みたいもーど:2012年デジタルガジェットライフ振り返り「今年は使い込んで良さがわかってくるものが多かった」 2

画面がRetinaじゃないなんて!

と、出る前はいろいろと文句も言ってたのですが、セルラー版の発売日当日その気なしにアップルストアに顔を出したら、その場で買えてしまったiPad miniセルラー版。これも気づいてみれば、愛用の一台。タブレットとしても優秀ですし、ただの7インチタブレットとは違う手に持って気持ちいい、あのサイズとうすさ。Kindle storeが始まったこともあり、ビューワーとしては現状最強のタブレットだと思います。うっかりケースも自作してしまいました

そして、その面白さを存分に楽しむなら、やはりセルラー版。私はau版を使っていますが、なぜかiPhoneよりもLTEをよくつかまえてくれます。なので、でっかい画面付きのWi-Fiルーターとしても優秀です(笑)。

自分好みの情報を学習して教えてくれるGunosy

みたいもーど:2012年デジタルガジェットライフ振り返り「今年は使い込んで良さがわかってくるものが多かった」 3

お手伝いをしているのでミイルと言いたいところですが、ここでは最近法人化をしたことでも話題になっているGunosy(グノシー)をおすすめします。

最近、以前よりも忙しいこともあり、それほど情報収集には時間をかけていません。

毎日見ているのは、facebookのニュースフィード・Twitterのリストやキーワード検索・はてなブックマークニュース、そしてこのGunosy(グノシー)からの日々のまとめメールです。なぜこれらを見ているかというと、それぞれ違うものを見せてくれるからです。

中でもグノシーは、私の閲覧履歴から傾向を学習して毎日賢くなり続けているので、最近はホント精度のいい記事を私に提供してくれるようになりました。とても感謝しています。まだ登録していない人はぜひぜひ。そして、しばらく使って、学習効果が出てくるのを楽しみにしましょう。

みたいもーど:2012年デジタルガジェットライフ振り返り「今年は使い込んで良さがわかってくるものが多かった」 4

購入した人から「あれヤバイ」とか「ホントに毎日使ってるよ」と、うれしい声をかけていただき続けているのが、私が設計したひらくPCバッグです。カバンをガジェットに入れてもいいものかという話もありますが、このカバンはガジェットを毎日使う人たちのために設計しているから、別にいいんです!

持ち運ぶガジェットを入れるカバンには、カバンを開けたと同時にすぐ使えるための形が必要だとずっと考えていて、その思想がこのカバンには込められています。一時期は、入手困難となってしまっていましたが、もう年内に発送可能になっています。ガジェット好きのみなさんは、ホント一度使ってみて、カバンに自分のものを配置する快楽を味わってみてください。

2012年を振り返ると、こんな感じなのですが、まだ、手元に届いていませんが、2012年の最後に私は2つのデジカメを注文しました。それは、GoPro Hero3memotoです。どちらの製品も製品紹介動画がとても素敵なので、そちらをまずはどうぞ。

GoProは言わずとしれた超小型カメラ。memotoはライフロギングカメラ。実は、私はこの2つのカメラを買うときに、あまりスペックを気にせずに購入しています。なぜなら、この2つのカメラは写真を撮ろうというカメラではなく、設計した人たちがどうにかして世界を切り取りたいと考え抜いた上での設計だからです。

優れたガジェットは、単なる便利グッズではなく、世界を楽しみたいと考えた設計者の思想が強く反映されています。ぜひ、来年もそんなガジェットに出会いたいものです。

さて、最後に。実は今回で6年続いたこのコラムも最終回です。この6年の間にGIZMODOもすっかり大きな立派なWebメディアになり、最初からかかわっていたものとしては感無量です。それでは、みなさんまたどこかで!

(いしたにまさき)