バイバイ、ピンぼけ。東芝が、撮ったあとにピントを合わせられるスマホ用のカメラを開発

バイバイ、ピンぼけ。東芝が、撮ったあとにピントを合わせられるスマホ用のカメラを開発 1

来年使えるかも。

東芝が撮影したあとにピントを調整できる特殊なカメラを開発しました。2013年度中に実用化してスマホメーカーに売り込むのだそうです。

バイバイ、ピンぼけ。東芝が、撮ったあとにピントを合わせられるスマホ用のカメラを開発 2

撮ったあとに、手前にピントを合わせるようにしてみたり、

バイバイ、ピンぼけ。東芝が、撮ったあとにピントを合わせられるスマホ用のカメラを開発 3

逆に奥の方にピントを合わせたりが自由自在にできます。通常は撮ることができない写真全体にピントを合わせたりもできるそうです。

この技術は、画像センサーの前に並べた約50万個のレンズそれぞれが、少しずつずれた画を撮影し、それをソフトウェア側で組み合わせて1枚の写真を作ることで実現しているんだとか。

撮影したあとにピントを調節できると言えば、Lytroが有名ですが、東芝の開発したこのカメラは、Lytroにはできない動画撮影も可能とのこと。

スマホで使えるとなればぐっと身近で手軽に使えそうですね。これを使えば、ピントが合ってなくて大事な写真が残念なことに...なんてこととはさよならできる!

朝日新聞デジタル]※全文を読むには会員登録が必要です。

Image Source:Electronista

(鈴木康太/米版