世界初スゴすぎ。ソニーのBDレコーダーでできるiPhone・iPadへの録画番組ストリーミングが快適すぎて寝不足になりそう

2012.12.14 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

121206_bdrecorder3.jpg


iOSユーザー、世界初の新体験!

年末年始のテレビ三昧を前に、家でのテレビライフを変えてしまうかもしれない(というか僕は少し使っただけでもう変えられつつある)、めちゃくちゃ強力なiPad、iPhoneアプリのアップデートがあったんです。

アップデートされたのは、ソニーのブルーレイディスクレコーダーで録画したコンテンツの管理と操作ができるiPadアプリ「RECOPLA」と、ネットワークに接続されたレコーダーで録画したコンテンツを視聴できるiOSアプリ「Twonky Beam」。


121206_bdrecorder14.jpg


RECOPLAは録画した番組の見たいところだけすぐ見れる「もくじでジャンプ機能」に対応。Twonky Beamは新しくDTCP-IPという規格に対応することで、同じネットワーク内にあるiPadや、iPhoneを使って、ブルーレイディスクレコーダーで録画されたコンテンツがストリーミング視聴できる「家じゅうどこでも視聴」ができるようになりました。
(なぜ今DTCP-IPに対応させることができたのかについては、Kotaku JAPANが詳しい記事を掲載しています。)

いまさらっと書きましたけど、録画した番組がiOSでストリーミング視聴できるというのは、BDレコーダーとしてはこれが世界初。これだけでもソニーのレコーダーを使う大きな魅力です。無線LANのネットワーク内なら家のどこにいてもiPhoneやiPadで録画番組見れちゃうって、これまでのテレビライフ変えてしまうくらい強力なんですこれ。

もくじでジャンプもストリーミング再生も使えちゃうiPad(iPad 2以降が必要)で実際にやってみました。


見たいとこだけすぐ見れる、RECOPLAのもくじでジャンプ!


121206_bdrecorder4.jpg


写真はRECOPLAとTwonky BeamをインストールしたiPadで、RECOPLAを立ち上げたところ。

iPadと同じネットワーク内にソニーのブルーレイディスクレコーダーがあれば自動で認識して画面に表示されます。ネットワークを使う製品って設定が難しかったりするんですけど、こういうのがカンタンなところがうれしいポイント。表示されたレコーダーをタップします。


121206_bdrecorder2.jpg


選んだレコーダーに入っている録画番組がリスト表示されるので、この中から見たい番組を探します。左の番組カテゴリーや、画面下に出ている録画日時や新しく録画した番組などで絞り込みができますよ。今回は最新作が劇場公開されたばかりの某人気アニメを再生してみます。


121206_bdrecorder7.jpg


見たい番組をタップすればレコーダーと接続されたテレビで再生がはじまります。操作していると、iPadがリモコンというか、めちゃくちゃリッチなコントローラーになった感覚がしてきますよ。


121206_bdrecorder8.jpg


ここで画面の右上のあたりの「もくじでジャンプ」をタップすると、インターネット経由で自動的に設定された「目次」のリストが出てきます。

番組とCMの切り替わりや、再生時間ではなく、番組内容に連動した目次なので、ここでも「本編・7」「視聴者プレゼント」「告知」など、場面ごとの目次が出てきます。

ここで見たい目次をタップすれば...


121206_bdrecorder11.jpg


そのポイントから再生がはじまるんです。目次は機械ではなく、人が設定しているのですごく正確ですし、自分が見たいところだけすぐ見れるのは、尺の長い番組を見るときなんかにはすごく便利です。

細かい例で言えば、歌番組の場合は出演アーティストごとにトーク部分と演奏部分の目次が使えるので、「自分の見たいアーティストまだかなー」なんて延々と待ってて、結局そのままこたつで寝ちゃう...なんてことももうなくなるんです。これすっごく快適ですよ。

一部、右側に青い矢印マークが出ている目次では、視聴者プレゼントの商品情報やCMの商品情報、番組OP/ED曲の楽曲情報などを見ることができますよ。人が入力しているので、ちょっとびっくりするくらいの精度なのが地味にすごいです。


世界初! iPadで録画番組をストリーミング視聴


121206_bdrecorder13.jpeg


次は冒頭でも触れた、BDレコーダーとして世界初となる、iOSでの録画番組のストリーミング視聴を試してみました。上で出てきた番組を選ぶ画面で、一番右下の青いテレビの形をしたアイコンをタップすると、どの画面で再生するかを選べるので、ここで「本体」を選択。

これで今操作しているiPadの画面で再生する準備ができたので、リストから見たい番組を選ぶと、iPad上のアプリが自動でRECOPLAからTwonky Beamにスムーズに切り替わって...


121206_bdrecorder5.jpg


iPadでストリーミング視聴がはじまります。再生がはじまってすぐは一瞬再生がひっかかるところもありますが、そのあとはすごく快適に見ることができました。こたつで見るとぽかぽかする。


121206_bdrecorder6.jpg


快適すぎてこたつから出れないー! ってなっても、そのままぐでーっとしながら見れます。720pのハイビジョン画質で再生されるので画質も申し分なし。


121206_bdrecorder10.jpg


料理するときiPad miniをキッチンに置いて見るのもOK。個人的なことですが、最近ちょっと料理サボりがちだから朝はスープばっかりになっちゃってるけど...。


121206_bdrecorder12.jpg


長めにトイレにいるときだってもちろん。時間の有効活用です。


121206_bdrecorder9.jpg


RECOPLAはiPadのみですが、Twonky Beamのストリーミング視聴はiPhone(4S/5のみ)でも使えるので、ベッドのなかでもiPhoneを使ってストリーミング視聴できるんです。

家じゅうどこでも録画番組が見られるなんて快適でステキすぎます!

今まで録画番組はレコーダーのあるテレビの前で見るというのが普通だと思ってましたが、家の無線LANの電波が届くところならほんとにどこでも見られるので、テレビの前に縛られない幅広いスタイルで録画番組が見られるの、ほんとに快適です。

それから、テレビの前で「よし、見よう」とならなくても、スタンバイ状態のレコーダーのストリーミング機能だけを起こしにいけるRECOPLAが使えるiPadなら、ベッドの上とかで気が向いたときに見始めることができるので、録画番組を見るハードルが下がるのも新しい発見でした。

これで溜まりがちな録画したのに見てない番組の消化も捗りそうです。...でもついつい見ちゃうのでほどほどにしないと寝不足になりそうなので、そこは少しだけ注意ですよ。

それからふと思ったんですけど...ソニーのレコーダーってスマホから録画予約ができるんですよ。そのうえRECOPLAを使えば電源ONすることなくストリーミング機能だけを起こせるので、レコーダー本体前面の表示も目立たないんです。

これって家族住まいのご家庭とかだと、家族に秘密で録画して、秘密で見て見たら削除してとかできちゃ...ごほっごほっ! いや、なんでもないです。


121206_bdrecorder1.jpg


これまではソニーのブルーレイディスクレコーダーを持っていても、Sony TabletやPSP、Vitaでしか録画番組のストリーミングはできなくて、iPhoneとiPadをよく使う人はやりきれない感じだったと思うんです。あーSony Tablet持ってたらなぁ...とか。僕も実際そうでした。

でもこれからは、今回のRECOPLAとTwonky Beamのアップデートのおかげで、ソニーのブルーレイディスクレコーダーを使って、アップルのiPhoneやiPadで録画番組がストリーミングし放題。ソニーとアップルを組み合わせて快適なテレビライフが楽しめる。なんて大げさかもしれないけど、なんかそれだけでワクワクします。

iOSユーザーならレコーダーはソニーのものを選ぶべきですよこれは。


121206_bdrecorder15.jpg


それから...この写真とか、いちばん上の写真とかで僕のほかにiPadに映り込んでるのって...松葉副編集長...? 心霊写真じゃないよね...?


※記事内容を一部修正致しました。ご指摘ありがとうございました。(12月14日 19:15)


ソニー

(鈴木康太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

お財布なしでもコーヒーが飲める。スターバックス×FeliCa、モバイルペイメントの時代へ

PR

支払いのスタイルが変わろうとしているのかもしれません。 財布から紙幣や硬貨を取り出して代金を払う。当たり前の支払い方法です。しかし今、この従来の支払いとはまた違った、新しい支払い方法に注目が集まって...
続きを読む»