TwitterのRT数やツイート数で振り返る「2012年」

今年もいろいろありました。

Twitterが、2012年をTwitterで振り返るサイトを公開しました。たくさんツイートされた話題の「惑星の鼓動」、RTが多かったツイートの「ゴールデンツイート」、話題になったハッシュタグやキーワードを集めた「トレンド」...など、多面的で読み応えのあるまとめになっています。日本語でも読めるのがありがたいです。

 

 

たとえば今年一番ツイートされた話題は? というと、なんといっても夏のロンドン五輪。1億5000万ツイートがありました。特に、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が200m走で金メダルを獲得したときは、1分あたり8万ものツイートがあったそうです。また米国大統領選挙に関しては、投票日だけで約3100万ツイート、最初の大統領候補討論会では1000万ツイートがありました。日本の話題では、7月にTV放映された映画『サマーウォーズ』に合わせた「よろしくお願いします!」のツイートなどが紹介されています。

一方、RTが多かったツイートはどうでしょう? 一番多くRTされたのは、再選を果たしたオバマ大統領の決意を示す「Four more years.(あと4年)」というツイートで、81万RTでした。五輪関連では、多数のメダル獲得を報告するイギリスチームのツイート6万7000RTを集めていました。日本人のツイートでは、声優の山寺宏一さんが声優の田中理恵さんと入籍した際の発表ツイート6万8000のRTによって祝福されていました。

さらに「トレンド」は国別に集計されていて、日本国内でのランキングが見られます。たとえばテクノロジーでは「LINE」が1位でやっぱり勢いあるんだなーとか、テレビドラマでは、低視聴率と言われる大河ドラマ「平清盛」が1位で、高視聴率だった「梅ちゃん先生」を超えてるのが意外だなーとか、いろいろ興味深いです。

また、印象的なツイートをまとめた「Twitterオンリー」のパートでは、2012年の感動の瞬間を一気見できます。

かなり情報満載なので、ぜひ直接こちらでじっくり振り返ってみてください!

Twitter

miho(Leslie Horn 米版