2013年スマートフォンのカメラに絶対ほしい機能セブン!

2013年スマートフォンのカメラに絶対ほしい機能セブン! 1

各メーカー様、セブンをよろしくお願いいたします。

気がつけば2013年もさっさと始まり、1月も半分以上が過ぎてしまいました。CESに目を奪われてすっかり遅くなってしまいましたが、2013年に期待する言っておきたいことがあるんでした。それは、すでに一般的な生活の一部となっているスマートフォン、そこについているカメラについて。小さな小さな解像度の低い画像から、長い道のりを経て今では本当に素晴らしい物となりました。スマートフォンカメラで十分、コンデジいらないなんて声もちらほら聞こえてくるくらいです。動画も撮れますし、さっとアップロードもできますし、スマートフォンのカメラは実に便利。なんてったって、いつもポケットにはいってますしね。

さて、人間というのは恐ろしいもので、例えどんなに物が進化して以前では考えられないほど便利になっても、すぐそれに慣れてしまうのです。慣れてしまえば、もっともっと欲しくなる。欲深いのは人の罪です。しかし、同時に人間らしさとも言えるのではないでしょうか。人間が文明を築き大きく発展してきたのは、飽くなき探究心と終わりのない欲があったからではないのでしょうか。

つまり...、もっともっとちょーだいな!

小さな端末に最新技術を詰め込むのは至難の技。しかし、その技に期待します。以下、2013年スマートフォンカメラに必要な機能セブンです。

■マニュアルオプション

露光を自分で調整したい。これは大きな改革というのではないでしょう。AndroidやWindows Phoneの中には、多少マニュアル調整できる機種もあります。ノキアのPureView 808にもあり、こちらはなかなか。全端末このオプションがついてたっていいのでは。

■フラッシュの向上

LEDフラッシュは最悪です。フラッシュなしで、と言う人を何人見ることか。むしろスマートフォンでフラッシュ使って撮影している人を見る方が稀です。食べ物はまずそうに、肌は青白く、目は赤く。これなら暗い中なんとか撮って、フィルターでごまかしたほうがマシなレベルです。

■動画縦撮影防止機能

スマートフォンは通常縦で持っているので、ついそのまま動画を撮ってしまいがち。しかし、多くの場合、その動画を視聴するスクリーン(YouTubeにしろ、Vimeoにしろ、Facebook上のタイムラインにしろ)は横長なため、小さく再生することになります。縦で撮るな!って言ってもつい撮ってしまう人が多数いるのなら、いっそのこと縦動画撮影防止機能をつけたらどうでしょう。

■ズーム

これはスマートフォンには豪華すぎる話かもしれませんが、デジタルズームではなく、焦点距離を変えられるレンズが欲しいです。PureView 808にはついてました。これがあれば、コンデジの出番はますますなくなるのではないでしょうか。せめて、ズームオプションのあるレンズの端末がもう少し増えてもいいのでは。

■センサーサイズ拡大

フルフレームをいれろとは言いません。マイクロフォーサーズをいれろとは言いません。ただ、もう少し大きくしたっていいでしょう、とね。それによって、暗い所での撮影が劇的に良くなるのなら、フラッシュの向上と検討しながら考えてみても。

■自動GIF生成

動画を撮影した時に、あるシーンあるフレームをGIF形式で書き出せたらいいですね。アプリを介せばすでにできるのでしょうけど、デフォルト機能であったらもっといいな。

■RAW導入

JPGじゃなくてRAWで撮影したい。スマートフォンのカメラがより多くの人に使われるには、これは嬉しいオプションだと思います。次へのステップアップとして、コンデジ市場にもっと踏み入れるために。

以上、期待機能セブンです。

人は欲深い。だから、もっともっとちょーだいな!

そうこ(Michael Hession 米版