聴覚から開く悟りの世界。念仏ボックス型アンビエントスピーカー「ブッダ・マシーン4」登場(動画あり)

聴覚から開く悟りの世界。念仏ボックス型アンビエントスピーカー「ブッダ・マシーン4」登場(動画あり) 1

ブライアン・イーノ(Brian Eno)が大量買いしたことでも知られる「ブッダ・マシーン(The Buddha Machine)」シリーズの最新版が、ついにリリースされました!

北京在住のアーティスト「FM3」こと、クリスチャーン・ヴィラント(Christiaan Virant)さんとザン・ジアン(Zhang Jian)さんがデザインしたこの物体は、プリセットされた9つのアンビエントなサウンドループを組み合わせて楽しめるスピーカー。

各チャンネルにはピッチを調節できるホイールがついているので、さまざまな音の変化を楽しんだり、偶然が生み出す絶妙なハーモニーを垣間見たり...と無限に広がるアンビエント・ミュージックの世界に浸ることができます。

4色展開、単三電池2個で駆動。公式サイトによると、日本ではP*Dis、タワーレコード(東京・大阪)、NewTone Records (大阪)、Superheadz、PowerShovelで入手可能だそうですよ。いくつか買って、室内にちりばめて楽しんでもいいかもしれませんね。

サンプル音源の一つはこちらの動画でどうぞ。

Buddha Machine!Boing Boing

Rumi(Andrew Tarantola 米版