[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種

ベストの中のベストは、やっぱりアレ!

今年のCESでは携帯電話系の扱いが今までよりかなりライトで、フォーカスされてたのはフィットネス系ガジェットまたは4K Ultra HDTVでした。が、少ないながらも魅力的なスマートフォンは見つかりました。ベスト5を以下にまとめます。

ZTE Grand S

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 1

中国のメーカーZTEのGrand S、そのハードウェアはかなりのハイスペックです。非常に薄く軽く、パーツも精鋭ぞろいです。5インチの1080pスクリーンクアッドコアのSnapdragon S4 Pro、RAMは2GBでカメラは13メガピクセル、内蔵ストレージは16GBSDカードスロットも付いています。

ただしソフトウェアは残念なものでした。Android 4.1(Jelly Bean)搭載なんですが、UIが見にくく使いづらく、動作も遅いです。アップデートでなんとかカバーできるといいですね。

ファーウェイ Ascend D2

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 2

ZTEがGrand Sに入れ込むのと同様、ファーウェイ(Huawei)もAscend D2に賭けており、そんな思いはかなり形になっているようです。Ascend D2のスペックは上のGrand Sとほぼ同じですが、バッテリー容量が3000mAhで、パワーユーザーにはうれしい特長です。

Ascend D2もAndroid 4.1(Jelly Bean)搭載で、さらにARナビゲーション機能「Guiding Wizard」や、別のアプリ使用中にもメモやメールを同時に開ける「Easy Panel」といった機能があります。また、防水・防塵仕様になっています。ファーウェイは同時に巨大な6.1インチファブレット(フォン+タブレット)を発表したんですが、それより動作も速かったです。

Lenovo K900

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 3

K900は中国でしか使えないんですが、ハードウェアがすごいです。5.5インチの1080pスクリーンは大きすぎると感じる人もいるかもしれませんが、とても見やすいです。厚さは6.9㎜と非常に薄く、重量も162gです。

Android搭載で、カメラは13メガピクセル、イメージセンサはソニーのExmorです。IntelのAtom Z2580(コードネーム:Clover Trail+)が積まれており、そのクロック周波数は2GHzと言われています。

ソニー Xperia ZL

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 4

Xperia ZLは、美しい5インチ1080pのBraviaスクリーンをはじめ、ハードコアなスペックを並べています。1.5GHzクアッドコアSnapdragon S4 Pro2GBのRAM、ストレージは16GBmicroSDスロットで拡張可能。13メガピクセルのカメラには新設計のExmor RSイメージセンサが組み込まれ、前世代より低照度でも撮りやすくなっています。HDR動画撮影も可能です。バッテリー容量は2370mAh、物理カメラボタン付き、赤外線通信も可能でTVなどで使えるユニバーサルリモコンにもなります。Android 4.1用にスケールバックされたUIも、見た目・動作ともに非常に良かったです。

これともうひとつの端末のどっちをベストにするか迷いましたが、今回のCESベストスマートフォンは...以下です!

CES 2013ベストスマートフォン:ソニー Xperia Z

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 5

Xperia ZはZLと同様、フラッグシップ機にふさわしいものになっています。スクリーンも内部パーツもカメラもソフトウェアも同じです。ただすごく良いと思ったのは、3フィート(約91㎝)、30分間水に漬けても大丈夫な防水仕様ってことです。電話はみんな、防水に。

Xperia ZはXperia ZLより薄いんですが、幅と長さはちょっと大きくなっています。赤外線通信機能とか物理カメラボタンはなく、バッテリー容量もちょっとだけ少ない2330mAhです。でもハイスペックであることには変わりなく、パフォーマンスは非常に良いです。そんなわけでここではXperia Zに軍配を上げていますが、どっちがいいかは個人の好みだと思います。ソニーの新しいスマートフォン、いずれも期待大です。

[ #CES2013 ]CESベストスマホは? 選り抜き5機種 6

Brent Rose(原文/miho)