[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 1

非現実的でもいいのよ、そこにはガジェット好きの夢があるの。

CESは全米1の家電の祭典ですから、そりゃ何百何千という数のガジェットが展示されています。全てわくわくする素晴らしいものばかり。しかし、中にはあまりにも「やってやる!」と意気込みすぎて少しばかり道がそれてしまったものも...。素晴らしいけど、当分(又は一生)市場には出てこないなというものもたくさんあるのです。というわけで、米Gizmodoが選んだ素晴らしく非現実的なガジェット6選がこちら。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 2
LGの3D OLEDカーブテレビ

技術の素晴らしさはピカイチ。しかし、ただでさえ高価なOLEDにハイテク技術でカーブをつけても、一般人には到底手が届きません。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 3
曲がるEインクタブレット

素晴らしい、素晴らしいけどまだ時期が早い。CESでは毎年、様々な試作品がでてきますが、主役になるにはイマヒトツ。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 4
Haierのスケスケ洗濯機

昨年は、Haierはスケスケテレビだしてましたね。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 5
レクサスの自動運転機能

自動車業界今年のトレンドの1つとも言える、自動運転。が、市場にでるには完璧完全100点満点でなくてはなりません。と、なるとまだまだ先の話に感じます。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 6
パナソニックの巨大4Kタブレット

4Kテレビ自慢に一息ついて、次はタブレット。綺麗なのはいいけど、ここまでなくてもいいかな。Retinaで十分満足しています。そしてなにより、デカすぎる。

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 7
HarmanのARフロントガラスディスプレイ

運転中のモバイル端末使用が禁止される中、まさか車のフロントガラスをディスプレイ代わりにしてしまおうとは。集中しましょうね、運転にさ。

しかし、多種多様な試行錯誤から真に素晴らしいガジェットは生まれるのだ!

[ #CES2013 ]CESで見た素晴らしく非現実的なあれこれ6選 8

Andrew Liszewski (米版/そうこ)