スマホ向けFirefox OS登場!国内ではKDDIが発売を検討中

130123firefox1.JPG

根強い人気のFirefox。これは期待ですね!

WindowsやUbuntuに続き、人気ブラウザFirefoxでお馴染みのMozillaもスマートフォン向けOSへの参入を発表しました。ホーム画面からアプリまで全ての機能をHTML5アプリとして開発して動作させることのできるオープンソースOSで、主に低価格帯のスマートフォン市場をターゲットにしているそうです。

さらにMozillaは開発者向けプレビューモデルとしてFirefox OSを搭載した端末KeonとPeakを発表。アプリケーションの構築とテストを開始したい開発者に対し、今年2月から提供を開始するとのこと。

130123firefox2.jpg

ローエンドモデルになるKeonのスペックは以下の通り

CPU:Qualcommの1GHzプロセッサ「Snapdragon S1」

ディスプレイ:3.5インチのHVGAタッチスクリーン

カメラ:3メガピクセル(背面のみ)

ストレージ:4Gバイト

その他:microSDサポート、Wi-Fi(N)、GPS機能

一方、上位機種となるPeakのスペックは...

CPU:デュアルコアの1.2GHzプロセッサ「Snapdragon S4」

ディスプレイ:4.3インチのqHD

カメラ:8メガピクセル(背面)、2メガピクセル(前面)

ストレージ:4Gバイト

気になるのは国内での取り扱いキャリア。早くもKDDIの田中孝司社長がFirefox OSを搭載したスマートフォンの販売を検討していることを明かしています

これからどんな機能が開発され、新しい端末がリリースされていくのか。注目ですね!

Mozilla , CNET

(KITAHAMA Shinya)