Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問の目的と概要を語る

Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問の目的と概要を語る 1

Googleの会長、‪エリック・シュミット‬氏が北朝鮮の訪問を終えました。ウォールストリートジャーナル紙によるとシュミット会長は北朝鮮へ訪問している間中、様々な問題に前向きに取り組んだそうです。googleの会長としてだけでなく、アメリカ当局側の立場でもあろうとしていて、グローバルインターネットアクセスだけでなく、核開発米国人抑留者についても話し合ったそうです。

北朝鮮での3日間の旅を終えて、政治家‪のビル・リチャード氏と帰ってきたシュミット会長は木曜日に北京のレポーターの取材に答えました。シュミット会長は北朝鮮側に、インターネットの検閲が経済的に与えるデメリットを指摘し、「世界は増々結びついているのに、ネットから隔絶するという立場は世界観に大きな影響を与えるだろう」という事を伝えました。北朝鮮が経済的に世界に追いつくのは大変だとは思いますが、様々な選択肢をかなり明確に示しました。

そしてインターネットに関してに留まらず、北朝鮮の次官に対して、核や米国人抑留者についても意見しました。「核による交渉力を和らげるように」と言うとともに「年末に打ち上げた衛星は平和利用だという北朝鮮の主張には賛成できない」という立場を示しました。また北朝鮮に拘留されている米国人の情報も強く求めました。

アメリカ当局はシュミット会長の北朝鮮訪問をあまり好ましくないとしていたそうですが、彼なりに物事が進むように取り組んだようです。気をつけてアメリカに帰ってきてくださいね。

[WSJ]

Jamie Condliffe(原文/mio)