真実はどっち?アップル幹部、インタビューにて廉価版iPhoneを否定するもソッコーで記事削除の事態に

真実はどっち?アップル幹部、インタビューにて廉価版iPhoneを否定するもソッコーで記事削除の事態に 1

少なくとも可能性の含みは持たせておきたい、ということなのでしょうか?

ここ1ヶ月ほど注目を集めている廉価版iPhoneのウワサ。ギズでもいち早く取り上げてお伝えしていましたが、アップル幹部がこの件に関しはじめて口を開きました。インタビューに応えたのはアップルのフィル・シラー氏。Shanghai Evening Newsのインタビューにおいて「廉価版iPhoneの販売は計画していない」と話し、その根拠として上がっていた新興国でのシェアについては「アップルの市場でのシェアは20%だが利益ベースでは75%を獲得しているから、(新興国での低いシェアについては)それほど心配していない」と強気に発言。

130115reuters.JPG

アップル重役の発言に、廉価版iPhoneのウワサはやっぱりデマだったのかと思っていたら...わずか1日にして事態は急転。配信していたロイターからフィル・シラーの記事が削除されるという事態に。記事を削除した理由をロイターは「Shanghai Evening Newsの内容に大幅な変更があり、正確性を確認出来ないため」としています。大幅な変更とは何を指すのか依然不明なままですが、これで廉価版iPhoneについてはまた分からなくなってしまいました。結局出るのか、出ないのか。もう少し様子見する必要がありそうです。

9to5 Mac via 雲庭 , ロイター(キャッシュ)

(KITAHAMA Shinya)