アーロン・シュワルツ自殺の責任追及を受けMITが内部調査へ

アーロン・シュワルツ自殺の責任追及を受けMITが内部調査へ 1

ウェブ活動家アーロン・シュワルツ(Aaron Swartz)を自殺に追い込んだのはマサチューセッツ工科大学(MIT)と地検の過剰な刑事責任追及にも責任の一端がある、と遺族・友人に責任を問われたことを受け、MITが内部調査に乗り出しました。

JSTOR事件とはアーロン・シュワルツがMITの図書館からJSTORのデータベースにアクセスし学術論文480万件をダウンロードして逮捕された件のことで、JSTORは途中で民事訴訟を取り下げ、検察にも刑事訴追をやめるよう求めましたが、MITは最後まで黙認の姿勢を貫いていたことがわかっています。

検察側は訴追をやめるどころか余罪を加え、最終的には13件もの罪状を用意。その上で「賠償金100万ドル払って刑務所に35年も入るのが嫌なら懲役6~8ヶ月に減刑してもいい。但し全部有罪であると認めるのが条件だ」 と司法取引きを持ちかけました。

が、アーロンは研究者が公開済みの学術論文を多くの人に配ろうと思っただけなので不当な利益追求とか言われても有罪と認めるわけにもいきません。「彼は刑務所に入るのも、重罪人にされるのも嫌だったんです」(エリオット・ピーターズ弁護士、WSJ

いつかMITが止めに入ってくれる...と本人は一縷の望みを繋いでいたようなのですが、「それが無理だということがわかって打ちのめされた」と同居している女性はWSJに話しています。

こうした事実が明るみになったことを受け、MITのL. ラフェール・リーフ(L. Rafael Reif )学長は報道関係にメールを流し、故人は正式なMIT関係者ではないが「卓越した創造性と理想主義」の人だった、「MITでも有名で多くの人に尊敬されていた才能ある若者」の死を悲しく思う、と追悼の意を表明しました。

内部調査に関しては、こうあります。

「2010年秋に学内ネットワークに異常を探知してから現在に至るまでMITがどう関与してきたか徹底調査するよう指示し、ハル・エイベルソン(Hal Abelson)教授にその陣頭指揮を任せた。調査報告ではMITがとった行動を理解し、反省に活かせるよう、MITにどんな選択肢があり、そこからどんな決定を下したかも明記するよう求めた。こちらに報告書があがり次第、MITコミュニティに開示する」

MITのとった行動を正当化するのかトーンを和らげるのか、どっちに転ぶかはわかりませんが、妥当な対応かと。遅きに失した感はありますが...。

被告人の自殺をもって刑事告訴は取り下げとなりました。

Image by John Phelan/Creative Commons

Eric Limer(原文/satomi)