電子書籍先進国・アメリカではどのくらい読書する? 電子書籍率は?

電子書籍先進国・アメリカではどのくらい読書する? 電子書籍率は? 1

米国読書事情はこちらです。

ネタ元のPew Internetの行なった調査で、米国の電子書籍率が上昇し、今まで以上にタブレットや電子書籍リーダーが売れていることがわかりました。

データ2012は、「Pew Research Center's Internet & American Life Project」に参加した2000人を対象として調査されました。16歳以上の電子書籍率は、一昨年2011年の16%から23%まで上昇。タブレットまたは電子書籍リーダーを持っている人も、18%から33%にアップ。たった1年でこの増加はかなりのものだと言えます。また、2012年はタブレット端末所持者が電子書籍リーダー所持者の数を上回ったことも注目。Nexus 7Kindle Fire HD等の登場で、より多くの人が興味を持つそして手が届く分野となったのでしょう。

さて、ではアメリカ人はどのくらい本(紙、電子問わず)を読んでいるのでしょう。

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が1冊:7%

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が2~3冊:14%

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が4~5冊:12%

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が6~10冊:15%

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が11~20冊:13%

・16歳以上で過去1年間に読んだ本の冊数が21冊以上:14%

つまり、75%が過去1年間に少なくとも1冊は本を読んでいる、ということです。多いとも言えますが、25%が全く本を読まなかったと考えると少ないように感じます。ちなみに同調査では2011年の読書率は78%だったので、少し減ってますね。紙の本だけに限ると下降傾向はさらに強く、昨年の72%から67%に。まぁ、電子書籍にとっては2012年は飛躍の年となったと言えるでしょう。これからは、電子書籍率がますます上がっていくのでしょうね。きっと、日本でも。

Pew Research Center's Internet & American Life Project

そうこ(Kyle Wagner 米版