さあチャレンジ! 世界一難しい論理パズル(修正あり)

さあチャレンジ! 世界一難しい論理パズル(修正あり) 1

これはNew Scientistがクリスマス特集で紹介してた世界一難しい論理学の問題です。

A、B、Cの3柱の神が召喚された。順不同で真、偽、ランダムで、真は必ず本当のことを言い、偽は必ず嘘を言う。が、ランダムが本当のことを言うか嘘を言うかは完全にランダムである。

YES/NO二択の3つの質問をし、A、B、Cの誰が真、偽、ランダムかを割り出せ。但し質問できる相手は1つの問いにつき1柱の神だけである。

神たちは英語を理解できるが、回答は神の言葉(「da」と「ja」)でする。あなたにはdaとjaのどちらがyesかnoかはわからない。

この問題の難しさは、言語のバリア、嘘、偶然という様々な要素が凝縮しているところにあります。哲学者の間では「解くことで論理それ自体の本性が露わになるパズル」と言われているわけですが、さて答えはわかるかな?

回答は米国の論理学者ジョージ・ボーロス(George Boolos)が1996年にがんで亡くなる直前に発表しました。その中でボーロスは以下4つの点を明記しています。

 

 

・1柱の神に複数回、質問してもよしとする。その場合、全く質問されない神も出る。

・2番目の質問をぶつける相手と内容は、1番目の質問の回答を参考に決めてもよい。3番目の質問も同様。

・ランダムが真偽どちらの回答をするかは、脳内で秘密裏にコイン投げして決めるようなもの。表なら真、裏なら嘘、という具合。

・ランダムはどんなYES/NO二択の質問に対しても「da」か「ja」と答える。

さ、冬の夜長じっくり考えてみましょうね。せっかちさんはここで回答が読めます(英語のみ)。

New Scientist(要ログイン)]

関連:超難しい論理パズル - hoshikuzu史上最も難しい論理パズル - しのごの録不思議な論理 - 私の備忘録

Image by a r b o under a Creative Commons license

Jamie Condliffe(原文/satomi)