ルービックキューブでズルする方法(動画)

天才じゃん! って思われたくてズルする方法よ。

ルービックキューブって史上最も売れている商品って知ってました? ちなみに大差をつけて2位はiPhoneですって。それはヨシとして、ルービックキューブ解けますか? 解ける人は本当あっという間に解いてしまいますよね。2011年にでた世界新記録は5.352秒。プロになると目をつぶって解いてもたったの28.80秒。もう神業です。すごい! の一言。しかし、一般人の我々には無理な話。ただ解くのだって一苦労。そもそも解けたことないもん...。でも、神の片鱗に触れて天才面してみたいもん...。

マット・パーカー(Matt Parker)さんは、そんな一般人のためにルービックキューブでズルする方法を伝授しています。ルービックキューブにはある法則があるのです。それは、同じパターンの動きを繰り返していると、いつかは最初の配置に必ず戻ってくる、ということ。これを利用してめちゃくちゃぐちゃぐちゃに見えるキューブをあっと言う間に解くズルっこ方法があるのです。動画1:50頃からどうぞ。

まず、準備するのは色がそろっている完成型のルービックキューブ。これに、次の動作を幾度もくわえていきます。正面の左側を下に1回、右側を上に1回まわします。そして、次の面へ。次の面も同じように、左を上に右を下に、そして次の面へ。この動作を全く同じ様に繰り返していきます。この動き、実は12回やると元通りになるのです。

例えば、9回ほどこの動きをやっておいてテーブルの上に置いておくとします。キューブの見た目はぐちゃぐちゃ。そして、友人が来た時にこれ見よがしに続きの3回をやれば...っ! ほら、あっと言う間にキューブを解いた天才に見えるってわけ。やったね! 続きをやる時に、始める場所と面を間違えたらダメですからね。しっかり覚えとかないと。ズルしてるんだから、それくらいは自分でやりましょう。

ところで、この方法1つ問題が。そう、まず完成したキューブがいるのです。すでにグチャっている人...、まずは自力でファイト!

[YouTube via Geekosystem]

そうこ(Casey Chan 米版