ZのTabがくる! ソニーモバイルがAndroid 4.1、1.5GHzクアッドコアCPU、LTE対応の10.1インチタブ「Xperia Tablet Z」を日本に投入

ZのTabがくる! ソニーモバイルがAndroid 4.1、1.5GHzクアッドコアCPU、LTE対応の10.1インチタブ「Xperia Tablet Z」を日本に投入 1

ソニーの本気はスマホだけじゃなかった。

ソニーモバイルコミュニケーションズがXperia Tablet Zを発表しました。今春に登場予定。サイトにプレスリリースが出ています。文句なしにソニーの決定版タブレットです。

Xperia Zと同じデザインセンスの薄さ約6.9mm、約495gの軽量ボディに、Android 4.1、10.1インチのWUXGAディスプレイ、1.5GHzのクアッドコアCPU、LTE対応、防水防塵にも対応して、カメラは810万画素のExmor R for mobileを搭載します。

さらに、バーチャルサラウンド技術「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」や、NFCにも対応しています。本体カラーはブラックとホワイトの2種類。

LTE対応ということなのでモバイルネットワークに対応することは読み取れますが、対応周波数や、キャリアから提供されるのか、SIMフリーなのか、そのあたりも不明です。

近しいところでは、ドコモが明日発表会を予定していますが、そこで出るのか、出ないのか、注目です。

ソニーモバイルコミュニケーションズ

(鈴木康太)