2014年開催のワールドカップにて、ゴールライン技術の導入が決定!

2014年開催のワールドカップにて、ゴールライン技術の導入が決定! 1

より正確で公平なゲームを!

ゴールラインテクノロジー(GLT)とは、ボールがゴールラインを超えたかどうかを人ではなく機械で判定するシステム。このGLTを、2014年ブラジルで開催されるワールドカップで導入するとFIFAが発表しました。

昨年12月に行なわれたクラブワールドカップで、すでにGLTは導入されており、FIFAはこれによって、システム導入の成功は明らかだとコメントし導入を決意しました。

GLTには2つの方式(GaolrefとHawkeye)があり、昨年のクラブワールドカップでは両方共に使用されました。2014年のワールドカップで何方式が採用されるのか、現段階ではまだ決まっていません。Gaolrefは磁気センサーを使用するシステム、一方、Hawkeyeはカメラを使う方式です。

FIFAは2社に限らず広く契約の窓口を設けていますが、2014年導入を巡って、この2つの一騎打ちになるのは明らかでしょう。

BBC

そうこ(Jamie Condliffe 米版