ソフトバンクの衛星電話サービスが2月28日よりスタート

ソフトバンクの衛星電話サービスが2月28日よりスタート 1

緊急時でも安心。

昨年末より告知されていたソフトバンクの衛星電話サービスが2月28日よりスタートします。これによりNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯大手3社とも衛星電話サービスを提供することになります。

ソフトバンクの衛星電話サービスはUAEのスラヤ・テレコミュニケーション・カンパニーが提供する衛星通信設備を利用するもので、災害時など従来の一般携帯電話は圏外となるような場所や状況でも衛星回線を介して通信ができるサービスです。北南米などの一部の国と地域を除く全世界で利用することができ、日本のエリアカバー率は100%になります。

ソフトバンクの衛星電話サービスが2月28日よりスタート 2

料金は2年縛りのある「衛星電話バリュープラン」と契約期間の縛りがない代わりに基本料金が高い「衛星電話プラン」の2種類。端末はスラヤ製のSoftBank 201THが同日より発売になります。

備えあれば憂いなし。いざという時のためにいかがですか?

ソフトバンク プレスリリース

(KITAHAMA Shinya)