顕微鏡で見る3Dプリンタの世界。雪の結晶より小さい透明な「ミクロ宇宙船」を1分間で作ってみた(動画あり)

ちっちゃ! しかも、よく見ると細かいところまで作りこんでありますよ。

この小さな宇宙船を作るために準備するものは、鏡とレーザーのみ。石版印刷システムがレーザーを発射すると粉末状のポリマー素材が積み重なりながら凝固していき、このように透明な宇宙船ができるのだそうです。小さなモデルが1分足らずで立体的に組み上がっていく様子が動画で確認できますが、見ているだけでなんだかワクワクしますね。

米ギズモードのエリックくん曰く「自分のデスクに一つ置いて、たまに顕微鏡ごしに愛でたい」とのこと。その顕微鏡セット、ぜひ我が家にも置きたいです。

Nanoscibe via DVICE

Rumi(Eric Limer 米版