世界の新ミステリー? ローマ教皇600年ぶりの退位表明の夜、サン・ピエトロ大聖堂に落雷

世界の新ミステリー? ローマ教皇600年ぶりの退位表明の夜、サン・ピエトロ大聖堂に落雷 1

神が全知全能だとしても、こんなことが起こりえるのでしょうか?

ローマ教皇ベネディクト16世が退位を表明した夜、カトリック教会の総本山「サン・ピエトロ大聖堂」を大きな雷が襲ったニュースが話題になっています。しかも一度ならず二度落ちているようですね。

ローマ教皇は事実上の終身制であり、自発的な退位表明はじつに600年ぶり。この偶然の一致を「神の怒りでは...」とおそれる見方もあり、新たなミステリーとして後世まで語り継がれそうです。

なお、サン・ピエトロ大聖堂に雷が落ちる瞬間は、フォトグラファーのフィリッポ・モンテフォルテ(Filippo Monteforte)氏とBBCのカメラがとらえています。

副題:汝、退位するべからず!(THOU SHALL NOT QUIT!)

世界の新ミステリー? ローマ教皇600年ぶりの退位表明の夜、サン・ピエトロ大聖堂に落雷 2

BBC and AFP

Jesus Diaz(Rumi 米版