ボーイング787のバッテリー、必死に再設計中

ボーイング787のバッテリー、必死に再設計中 1

今は何週間も地面に置かれっぱなしですけど...

もうすぐボーイング787ドリームライナー再び空を飛ぶチャンスが訪れるかもしれません。ボーイング社は、問題となっているバッテリー内で熱や炎が広がったりする火災危険が最小限になるようにバッテリーの再設計を提案しました。これは恒久的な解決ではないですが、上手くいけば当面の間は787を空に送り込むことができるようになるそうです。

WSJのレポートによれば、ボーイング社はリチウム電池内のスペースとセパレーションを広くする方向で考えているようです。そうする事によって熱や炎が電池の中で広がる潜在的な危険のリスクを低くすることができ、改良された熱センサーも追加する事が可能になるそうです。更に電池が動きまわらないように強く固定することも検討中。

他の飛行機はニッケル・カドミウム蓄電池を使用しているけれど、ボーイング社787ドリームライナーのリチウムイオン電池に全力を尽くしています。ドリームライナーのバッテリーの設計変更はまだ最終的な段階ではありませんが、ボーイング社はバッテリーの欠点を解決するために何百人もの技術と科学の専門家と共に安全なリチウムイオン電池を作れるように全精力をささげています。努力が報われるといいですよね。787ドリームライナーはボーイング社の未来だけど、今度は失敗が許されませんから...。

WSJ

-Casey Chan(原文/junjun)