毎月5000円払ってAmazonでガチャを回す感覚を味わえる「Amazonガチャ」(2月8日サービス終了)

毎月5000円払ってAmazonでガチャを回す感覚を味わえる「Amazonガチャ」(2月8日サービス終了) 1

こういう自分じゃ絶対やらないけどばかばかしいサービス大好きなんだよね。なんでだろ。

Amazonの何千万とある商品の中から毎月ランダムに商品を送ってくれる「Amazonガチャ」というサービスがはじまりました。運営はBearTailという会社でAmazonとは関係ない非公式のサービスです。

サービス内容をさっくり紹介すると、Amazonガチャに申し込んで毎月5000円を支払うと、システムがランダムに選んだAmazonの商品が届くというもの。決済方法はPayPalかクレジットカード。実際は、5000円のうち手数料500円が引かれて4500円で商品が選ばれるそうですよ。

サービス内容を読んでると、定期購入しかできないみたいですね。定期購入は敷居が高い...それでも画期的すぎるけど。

FAQもおもしろかったので引用しときますね。

Q:どんなサービスですか?

A:毎月Amazon上で適当に商品を注文して配送します。

Q:どういう人がターゲットですか?

A:欲しい物が頭に浮かんで、それを探して買う。というある意味、自分の欲望に忠実なロボットのような購買体験にうんざりしている、より刺激ある出会いを買い物に求める人向けです。

Q:どのような商品が届きますか?

A:わかりません。カテゴリも指定することはできません。ただし、アダルト以外です。

おもしろいんだけど...おもしろいんだけど...まぁ使わないよね!

買っちゃったっていう方は写真撮ってエピソードを添えてeditor@gizmodo.jpまで送ってくださいね!

【2月6日追記】

運営会社のBearTailからサービスの一時受付中止が発表されました。

説明文には、商品のランダム抽出方法についての具体的な説明と、1回当たりのサービス料金内訳、サービス名称とAmazonの商標について掲載されています。

賛否両論あったでしょうが、アイディアはおもしろいなぁと思ってただけに残念です。

【2月8日追記】

Amazonガチャ運営のBearTailからのメールで、

2月8日付けでサービスが終了したとのリリースが送られてきました。

現在公式サイトが見れないようなので、PDFの文章を引用します。

【説明項目】

1)ご迷惑ご心配おかけした件

2)本サービス終了に関する説明

3)本サービスのコンセプト、仕組みの概要

【1:サービス名称により、ご迷惑ご心配おかけした件】

本サービス上にて運営者をBearTailと明記していたことから、ユーザー様がサービス運営者を誤認して利用するという可能性は低く、また一方でアマゾンジャパン株式会社への売上貢献にもつながると考えておりました。しかしながら、本サービス名称により閲覧者様に対して誤認を発生させてしまいました。本件に関して、ご迷惑をお掛けしたアマゾンジャパン株式会社ならびに、閲覧者様にはお詫び申し上げます。

【2:サービス終了に関する説明】

これを受け、問題となった本サービスの名称の変更をすることで継続を検討致しましたが、ご迷惑をお掛けした関係者への責任を取り、2013年2月8日(金)をもちまして、本サービスを終了致します。本サービスを通じて登録されたユーザー情報は削除され、ユーザーより支払われた料金は全額返金されました。ユーザー様に対してはご期待に応えることが出来ず、申し訳ございませんでした。今後コンプライアンスによりいっそう気を配り、世界を変えうる価値あるサービス提供のため、努力して参ります。

【3:本サービスコンセプト、仕組みの概要】

効率化され続ける買い物業界に対するアンチテーゼとして、便利やオトクなどと比べ全く逆を行く、実用的ではない部分、完全な偶発性による商品との出会いに価値を見出す事をコンセプトとして、提供しておりました。

その上で、商品選択の際に商品のカテゴリを絞らない、システムによるランダム性をもたせたサービス設計となっておりました。注文の際も、人間の手が介入しない独自の代理注文システムを用いておりました。この代理注文システムはスマホの買い物代行サービスBuypassの為に開発された注文代行APIが使われておりました。

弊社サービス終了に関する説明(PDF)Amazonガチャ , Buypass

(大野恭希)