米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る!

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 1

DJハッカー。

ユーモア溢れるハッキングで騒がしい週でしたね。ユーモアがあればハッキングが許されるなんてことはもちろんありませんが、バーガーキングがマクドナルドになったり、ジープがキャデラックになったことに笑ってしまった人もいたはず。

Twitterアカウントをハックしたこの2つのケース。同一犯だと思われますが、一体犯人は誰なのでしょう? 米Gizmodoが独自調査で、犯人だと思われるハッカーiThugに迫っています。

今週起きたバーガーキング(たぶんジープも)の元は、2005年へと遡ります。パリス・ヒルトンのT-Mobile Sidekickをハッキングした少年ハッカー集団Defonic Team Screen Name Club。この事件の後、メンバーそれぞれ年をとっていきますが、その中に1人検挙され保護観察に置かれた少年がいました。それが、Tony Cunha、通称iThug。以前はマイスペースハッキングを多々行なっていたiThugが、今回、少年時代と同様にイタズラのようなハッキング騒動を起こしたと思われるハッカーです。

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 2

バーガーキングのTwitterアカウントがハッキングされてすぐにツイートされた内容は、主に関係者(又は友人)関連の文言を含むものでした。関連者としてツイートされたユーザーの中には、@BurgerKIng宛にリプライをした人もいます。ハッキングしたことを知らしめるために関連者にツイートしただけでなく、自己表現のためにiThugという単語も何度かツイートされていました。

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 3

バーガーキングハックから約24時間後、今度はジープのアカウントが同様の手口でハッキングされました。また、iThug本人だと思われる鍵付きのアカウントからも、ITHUGハッシュタグに関するツイートがされています。

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 4

米GizにSNS情報通からよせられたタレコミによって、Facebookアカウントを発見。URLが、 facebook.com/ithugのユーザー、それがTony Cunha。ボストン/プロヴィデンス/RIエリアでイベントを行なっているDJだということがわかりました。iThugは、なんとマイスペースハック市場が廃れた後に、DJ活動を行なっていたのです。Facebookにはイベントページもあり、そこには、ハッキングを絡めた告知文も掲載されていました。(現在、Facebookのアカウント削除されています。)

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 5

またFacebook上で、友人の女の子に自慢げにハッキングに関する話もしています。どうやら、自分の犯行を隠しておくことができない性格のようですね。

米Gizmodo独占! バーガーキング、ジープのTwitterアカウントをハッキングしたiThugの素顔に迫る! 6

iThugとして、The Fancyにもプロフィールページあり。そこには、好きなものは高級な靴とバックパック、とあり。(ジープハック後にアカウントには鍵がつけられました。)

ハッカーとして致命的となるのは何か。それは自分がやったと言いたくてたまらない欲求。その欲求によってあちこちに残してしまう手がかり。自尊心ゆえに、自ら正体を明かしてしまいドツボにはまってしまう、それはあまりにお決まりのシナリオのように思いますが...。

バーガーキングやジープのハッキングによって、痛手を追った人は少ないでしょう(現にバーガーキングは、この1件でフォロワー数が大きく増加しました)。いくら話題となったハッキングもすぐに過去のものとなり、みんな忘れてしまうでしょう。話題に挙らなくなるのは、そう遠い日ではありません。来月か来週か、はたまた数日後か、あっという間に人々の目は次のことに向けられます。そうなった時、次にiThugがとる行動は何なのか。

そうこ(Sam Biddle 米版