Google本社の新社屋デザインが公開、なんだこれ広過ぎる...

20130223_google.jpg

これがGoogle本社の新社屋デザイン...!!

米メディア、Vanity Fairからの特報によれば、約10万2000平方メートル(110万スクエアフット)の広大な土地に、「ベイ・ビュー」と呼ばれる新社屋の建設を計画中とか。

なんだかいろんな建物が折り重なっているように見えますが、実はどこに何がすぐにわかるような構造になっているんですって。

そう、まるでGoogleの検索アルゴリズムのように...?

建築を担当するNBBJ社によれば、「曲がった」長方形のデザインのビルにたくさんの橋とトンネルで構成されているため、移動するのに2.5分以上歩く必要がないのだとか。

しかしぱっと見は巨大なショッピングモールのようで、オフィスには見えませんね。

Vanity Fair

The rendering above by NBBJ via Vanity Fair.

mayumine( Mario Aguilar 米版