無駄にかっこいいヌンチャクケース「iPhone Trick Cover for iPhone 5」を買ったら意外と気に入った!

130215iPhone_Trick_Cover00.jpg

ギズモードをごらんの皆様、ご機嫌麗しゅう。OZPAの表4OZPAです。

あのドヤ顔がふたたび。

先日、六本木で行われた某OFF会に行きましたところ、iPhoneアプリデベロッパーの@frnkさんが持っていたケースがその場の話題をかっさらっておりました。

そのケースの名は「iPhone Trick Cover」なる代物。

ヌンチャクのような仕様のそのケースをぶんぶん振り回している姿を見て「あぁ友達いないんだな」と感じ入っていたのですが...

我慢できませんでした。

そんなわけで、今回は無駄な動きが男子心をくすぐる、「ヌンチャク系iPhoneケース - iPhone Trick Cover for iPhone5」のご紹介です。

130215iPhone_Trick_Cover01.jpg

こちらが届いた実物。購入は公式サイトから。

130215iPhone_Trick_Cover02.jpg

背面の説明書き。まさかの「無駄にかっこいい」と言う公式表記。

世の中の流れは「いかにミニマムを推し進めるか?」と言う方向に行っているにも関わらず、「無駄」をアピールするその姿勢に粋を感じずにはいられません。

無駄をそぎ落としたフォルム・機能を訴えるデザインのiPhoneとは真逆の発想です。申し訳なくてジョブズに顔向けできません。

130215iPhone_Trick_Cover03.jpg

「カバーの開閉動作を連続的に行い、さまざまなトリック(技)を繰り出すことができます

もはや意味不明です。でも好きです。繰り出すことができますって言われても。

130215iPhone_Trick_Cover04.jpg

外装にツッこむのも疲れてきましたので早速開封。ツヤッとした黒のフォルムはブラックのiPhoneと相性抜群(ケースは他の色もあります)。

130215iPhone_Trick_Cover05.jpg

厚さはこんな感じ。

130215iPhone_Trick_Cover00.jpg

装着! 外側をしっかりとカバーしてくれるので、意外と強度もありそう。おそらくは調子に乗って振り回し落下させてしまったときのためと思われます。

130215iPhone_Trick_Cover06.jpg

130215iPhone_Trick_Cover07.jpg

背面にはICカードなどの差し込みが可能。くるくるとケースを回し、自動改札をくぐり抜ける...。

ワクワクしたら男子です。

なんじゃそりゃと思ったら正常です(ICカードを使用する際には別売の干渉エラー防止シールが必要です)。

130215iPhone_Trick_Cover08.jpg

ちなみに形状を利用し、このようにスタンドチックに使用することも可能。(動きは)無駄だけど! (機能的には)無駄じゃなかった!

130215iPhone_Trick_Cover09.jpg

デメリットとしては、マナーモード切替スイッチと音量ボタンが死ぬほど押しにくくなります。

でも、iPhoneを振り回せる事を考えたらそれは仕方のないことなのです。街中でケースを振り回している人間にマナーを語る資格は無いのです。

実際の動きは動画で!

さて、ここまで静止画のみでヌンチャクケースをご紹介してきましたが、「で、実際どんな動きするのよ?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は公式サイトにある以下の動画をご覧くださいませ。

27秒あたりからの連続トリックは必見。あと、モーション系アプリとの連携は普通にかっこいいと思いました。

...まぁ本来であれば私がブンブンとケースを振り回す様を録画してお披露目するのが良いのでしょうが、どうもヌンチャク技術が上達せず、終いにはケースに人差し指を挟んで粉砕骨折する始末でしたのであきらめました。

っていうか動画のクオリティが高すぎて敵う気がしません。

130215iPhone_Trick_Cover08.jpg

そんなわけで、無駄にかっこいいヌンチャク系ケース、「iPhone Trick Cover」のご紹介でした。

最初は「ネタ作り」と思って購入したのですが、存外気に入っております。オフ会などでも話題の中心になれるし、街中で振り回せば(人にぶつけないように注意)美女が興味津々で近寄ってくるのでモッテモテです。

気になった方は公式サイトへどうぞ。

iPhone Trick Cover

(OZPA)