【過去記事】iPhoneケースの頑丈さをアピールするために、アイスホッケーしながらiPhoneを時速132キロでゴールに打ち込むタフガイ(動画)

この記事は2012年2月10日公開のものを再掲載しています。

こういうの好きだよね。

iPhoneをミキサーにかけてみたり、チョコレートかけてみたり、とんでもない所から落としてみたりと、そういう「普通の生活ではない」エクストリームなシチュエーションの映像ってなんでか人気がありますね。G-FormのiPhoneケースもその1つ。

ケースの丈夫さアピールのために、iPhoneでホッケーやってみてます。スティックで打ち込むスピードはなんと時速132キロ。その衝撃に耐えるんだからかなり頑丈なケースですな。日常生活で落っことすようなレベルではビクともしないということがよくわかります。それどころか、このケースがあれば、ホッケー試合中にパックがなくなってもiPhoneで代用できるというところまでわかってしまいました。2重の安心だね! やっほ!

そうこ(SAM BIDDLE 米版