おめでたい! NIKKORレンズ発売80周年

おめでたい! NIKKORレンズ発売80周年 1

ニコンの歴史の重さがわかりますね。

ニコンの写真用レンズ「NIKKOR」が、発売から80周年を迎えました。パチパチパチパチ。簡単に歴史を振り返ってみますか。

1932年、ニコン(当時の日本光学工業)がNIKKORの商標登録を行いました。そして翌年、航空写真用レンズに「Aero-Nikkor」(エアロニッコール)と命名し販売を開始。これがNIKKORの始まりなんですね。

現在もデジタル一眼レフなどに採用されているFマウントは、1959年に登場した一眼レフカメラ「ニコンF」から採用。同時に発売された「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が初のFマウントレンズ。そして現在も、Fマウントはニコンで使われ続けています。

僕もニコンのデジタル一眼レフを使っています。その前は別なメーカーのシステムを揃えていたのですが、豊富なレンズ群にひかれて乗り換えたんですよね。ほんと、ニコンは魅力的なレンズが多いなーと思っています。

僕が今、一番欲しいレンズが「AI Noct Nikkor 58mm F1.2」。開放絞りでの夜景撮影に主眼を置かれたレンズなんですね。すごくいい写りをするんです。もう生産されていませんが、中古カメラ屋さんでみかけることがあります。結構いいお値段するんで、なかなか買えないんですけどね。いつか欲しいなと思っています。

とにかく、80周年おめでとうございます、NIKKOR!

「NIKKOR」発売80周年[ニコン]

(三浦一紀)