NTTドコモが屋外移動通信で上り最大約10Gbpsの信号伝送に成功

NTTドコモが屋外移動通信で上り最大約10Gbpsの信号伝送に成功 1

NTTドコモは東京工業大学と共同で、屋外移動通信下での伝送実験を2012年12月11日に実施。そこで上り最大約10Gbpsのパケット信号伝送に成功しました。これは世界初とのこと。

今回利用したのは、5GHz帯以上の高い周波数帯。この周波数帯は電波の直進性が強いため、移動通信システムでは利用が難しいとされてきましたが、逼迫する周波数の状況とトラフィックの急増に対応するため、今回の実験で活用できるかどうか試されたようです。

今回の実験では、複数のアンテナから異なる信号と同時に同じ周波数を用いて送信する「MIMO空間多重」、1回のデータ送信で6ビットの情報を送信できるデータ送信信号変換方式「64QAM変調」、受信側で一度検出した受信情報をフィードバックして受信性能を上げる信号検出法「ターボ検出」という技術が利用されました。これらを応用すれば、下りのデータ転送速度向上にもつながるようです。

最近、NTTドコモのデータ通信網がちょっと弱いんじゃないかと思っていたんですけど、このような技術が実用化されれば、快適なデータ通信が移動中でも行えるようになるんでしょうね。

NTTドコモが屋外移動通信で上り最大約10Gbpsの信号伝送に成功 2

超高速移動通信の実現に向けた屋外伝送実験で世界初の10Gbps信号伝送に成功[NTTドコモ]

(三浦一紀)