昔のワイルド紳士を演じたいけど雨に濡れるのは嫌だ、という人がもしいればどうぞ「新聞紙風傘」

昔のワイルド紳士を演じたいけど雨に濡れるのは嫌だ、という人がもしいればどうぞ「新聞紙風傘」 1

ニッチもニッチですが、需要が0ではないでしょう。

一昔前の映画でよく見たシーン。急に雨がふりだし、ハンサムな紳士が新聞紙を傘がわりに走って行く。なんだか、クラシックで趣のある雰囲気がします。やってみたいな、でも雨に濡れるのやだな。お洋服びしょびしょになっちゃうし、風邪ひいちゃうもんな。そんなワイルドに憧れつつもヘナチョコ部分が抜けきらない人に朗報。

見た目はまるで新聞紙、なのに傘というManbrellaがあります。防水素材タイベックが使用されているので濡れません。普段は畳んだ状態で、必要な時に広げて使うのはまさに新聞紙そのもの! しかも、英字新聞だから国際色をアピールすることも可能! お値段は20ドル(約1800円)です。Manbrella、これを作った人の男らしさの定義が、ネーミングから伝わりますね。

もっとワイルドになりたい人は、手ぶらで雨の中を走るのもあり! こちらは無料です。

好きよ、水もしたたるいい男が。

Luckies via CoolThings

そうこ(Andrew Liszewski 米版