生まれたてのブラックホール、銀河系で発見か

130215_newblackhole1

ほやほやの1000歳。

こちらはW49B、地球から2万6000光年離れたところにある超新星の残骸です。生まれてから1000年経ちますが、1000年なんて宇宙の時間で言えば人間の心拍1回分にも達しません。そしてW49Bは、新たなブラックホールの誕生かである可能性があることがわかりました。もしそうなら、我々の銀河ではもっとも若いブラックホールです。

冒頭の画像はNASAの研究者らが作ったもので、NASAのチャンドラX線観測衛星のデータ(青と緑)、米国立科学財団の超大型干渉電波望遠鏡群のデータ(ピンク)、カリフォルニア工科大学のパロマー天文台の赤外線データ(黄色)を合成したものです。これを見て彼らは、この超新星残骸の形成過程について疑問を持ち、詳細に検討しました。そして「X線や他の周波数データで見えるたる型の形から、この星が通常とは異なる状況で活動停止したことが示唆される」としています。

研究によれば、そこでは非常に歪んだ超新星が起こっており、「極から放出される物質の方が、赤道から放出される物質より速い速度だった」とされます。通常、超新星爆発は下の画像のSN1006のように対称的、つまり物質がだいたい全方向均一に吹き飛ばされるものですが、そうではなかったのです。

130215_newblackhole2

SN1006とW49Bの違いは、画像で見ても明らかです。ではなぜ、これがブラックホールだと言えるのでしょうか? 多くの場合、超新星のあとには重い中性子星が残ります。でもW49Bのデータを詳細に見ていくと、中性子星ができた形跡が見つからなかったのです。そのため、W49Bはブラックホールの誕生と考えられています。

NASA Marshall Space Center via NASA

Jesus Diaz(原文/miho)