またまたレンズ型ガジェット、今度はミニ加湿器

またまたレンズ型ガジェット、今度はミニ加湿器 1

あ、またかと思ったらブームも終わりかな。

カメラレンズ、その構造も見た目のユニークさも、光を集めるという役割も魅力的です。そんな魅力的なガジェットですから、その姿がいろんなところでモチーフとして使われグッズとなるわけです。キヤノンが、数年前の五輪でレンズ型魔法瓶を配りましたね。あまりの人気のため、公式グッズとしてその後販売もしました。それ以来、マグカップ、タンブラーでは飽き足らず、数えきれないレンズグッズがでました。ネタ元のBrandoが、レンズ型ミニ加湿器を出してますね、値段は25ドル。が、新鮮さは0です。もうそろそろ潮時という気がします。なぜ飽きてしまうかと言うと、どのグッズも見た目が同じだからです。

これは予想外、そんなレンズグッズないかなぁ。そもそもグッズ買わずにお金を貯めて、本当のレンズを買おうと思います。

Brando via The Red Ferret Journal

そうこ(Andrew Liszewski 米版