アクションカメラはもういらない、カメラ内蔵型ヘルメット

アクションカメラはもういらない、カメラ内蔵型ヘルメット 1

取付け不要、はいってますって。

ますます拡大していくアクションカメラ市場。より小さなもの、より安価なもの、アクションカメラはそのラインナップを増やしています。先駆けとなったGoProはやはり人気のカメラ。が、GoProをヘルメットに取り付けるなんて2度手間だ、と言わんばかりに登場してきたのがこちら、Video Head。カメラ内蔵型のヘルメット。

アクションカメラで撮影するようなスポーツは、確かにメットを着用しているものが多い。それならばカメラとメットを1つにしたらどうでしょう。確かに、これだとカメラが安定しますね。レンズは前面部なので、メットを装着している人の視線で常に撮影することができます。撮影に必要なボタンはサイドに配置され片手で操作が可能。さらに値段が55ドル(約5000円)から120-200ドル(約1万1000円-1万8000円)と安価なのも魅力。もちろん、頭もしっかり守ってくれます。

アクションカメラはもういらない、カメラ内蔵型ヘルメット 2

55ドルモデルは、30fsでVGAモード。120-200ドルモデルは、30dps/720p、60fps/1080pのオプションあり。

Video Head via GearJunkie

そうこ(Andrew Liszewski 米版