ジョナサン・アイヴ、子供たちと一緒に新たなお弁当箱のデザインを考える!(動画)

2013.02.24 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アップルの伝説デザイナーが教育番組に出演。

アップル製品のあの美しくスタイリッシュなデザインを作りつづけるジョナサン・アイヴ氏が、イギリスの教育番組に出演していました。なんと、新たなお弁当箱をテーマに子供たちからよせられたアイディアについてトークするという、贅沢で興味深い番組。アイヴ氏は、子供たちのアイディアをどう思うのでしょうか?

子供たちに与えられたテーマは「筆箱一体型お弁当箱」でした。これに対してのアイヴ氏のコメントが、実にアイブ氏らしいものだったので紹介します。

「お弁当箱というものを考えるときに、まずという言葉に捕われないように注意しなくてはいけません。箱という概念にとらわれてアイディアが一辺倒なものになってしまうからです。四角くないとダメだ、キューブじゃないとダメだと思ってしまいます。なので、使う言葉に十分注意しなくてはいけません。」

子供たちのアイディアは、筆箱&お弁当箱にジッパーがついており通学リュックに簡単に取付け/取り外しができるもの、お弁当が盗まれない用にコードがついているもの、水筒がついているもの等、ユニークなものばかり。子供たちのプレゼン動画と資料(画用紙)を見ながら、アイヴ氏がそれぞれのアイディアのいい所を見つけコメントしています。
アップルで働く時はもちろん厳しい面も持っているのでしょうが、この動画を見ていると彼の普段の人間性が見えるようです。伝説的デザイナーである一方で、子供好きのお父さんなのです。

実は、この物作り教育番組をアイヴ氏自身も子供の時に見て育っているのです。動画の最後で、多くの子供に感銘を与えたとして、番組からアイヴ氏に勲章バッジが与えられています。


Quartz

そうこ(Leslie Horn 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか
  • 日経デザイン|日経BP社
・関連メディア