福岡県で奇妙なヒラメが水揚げされる

福岡県で奇妙なヒラメが水揚げされる 1

上の画像、目の無いヒラメに見えるけど、違います。

裏も表も同じ色をしためちゃくちゃ珍しいヒラメが水揚げされたというニュースがありました。最初の画像はそのヒラメの裏側です。福岡県宗像市の沖合で地元の漁師が網にかけたとのこと。

体長およそ56cm、重さは1.8kgあるオスの個体です。稚魚の段階ではまれに表裏褐色の個体もいるそうですが、通常は成長と共に普通のヒラメになります。ちなみに目を上に向けて左を向いているのがヒラメで、右をむいているのがカレイですよ。次の画像は「普通のヒラメ」です。

福岡県で奇妙なヒラメが水揚げされる 2

*通常のヒラメの図

成魚サイズで両面同じ色のヒラメは長年務める漁師さんでも見たこと無いレベルの珍しさだといいます。自然って不思議! 

今回発見された表裏同色の個体は標本にされるんだとか。機会があったら見てみたいですね。

なお、このヒラメのニュース動画は下部リンクのネタ元をご参照下さいませ。

NHKニュース , 岩手県水産技術センター

(西條鉄太郎)