液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」

液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」 1

あんたにーあげーーーーーーたーーーーーー。

Lenovoから、4つの顔をもつUrltrabook「ThinkPad Twist」が登場しました。ディスプレイ部が左右に360度回転します。これにより、4つのフォルムを使い分けることができるんです。

トップの画像は、通常のノートPCのように使うラップトップモードです。普通の作業はこれがいいでしょうね。

液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」 2

ディスプレイはこんな感じで回転します。これと上下方向への開閉を合せて4つのモードにできるわけです。

液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」 3

これはスタンドモード。膝の上でWindows 8のタッチ操作をするときに快適です。動画鑑賞などにもいいですね。

液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」 4

テントモードです。プレゼンテーションをする場合に最適。また、接地面積があまりないところでタッチ操作をしたい場合などにもいいかもしれません。

液晶がグルングルン回転するUltrabook「ThinkPad Twist」 5

これはタブレットモード。モダンUIを使う際の基本フォルムですね。バッグなどに入れるときにこのモードにしておくと、取り出してすぐにタッチ操作が行えます。

発売は2月20日から。Windows 8搭載Urltrabookを狙っている方、どうですか?

ThinkPad Twist[レノボ・ジャパン]

(三浦一紀)