移動距離8万km! 列車で旅した少年の4年間の記録写真

移動距離8万km! 列車で旅した少年の4年間の記録写真  1

グランジ感、ハンパないです!

アリゾナ生まれのマイク・ブロディ(Mike Brodie)氏は17歳のときに列車での旅を経験。その時の旅は短いものでしたが、その情熱的な経験は彼を「トレインホッパー(列車から列車へと飛び乗って移動する旅人)」にするには充分なものでした。

その後、2002年から10年かけて全米を列車で旅したブロディ氏。その移動距離は8万km、46の州を170もの貨物列車を乗り継いで移動したそうです。

その旅の途中、2004年に彼の友人の車のバックシートから誰も使っていないポラロイドカメラを偶然発見。そして、その日から彼はカメラを使って、彼の目の前に広がる世界を撮り始めました。

移動距離8万km! 列車で旅した少年の4年間の記録写真  2

そこに映っていたものは「冒険」「仲間」そして「自由」。彼の感情的な写真は下のリンクからどうぞ。

移動距離8万km! 列車で旅した少年の4年間の記録写真[roomie]

(ギズモード編集部)