新機軸ペンの人気モデル「パーカー 5th アーバン プレミアム」で無駄に綺麗な字を披露してみた

130317ozpa_parker01.JPG

ギズモードをご覧の皆様、ご機嫌麗しゅう。OZPAの表4のおつぱ( @OZPA )です。

今月のコラムは、筆記具の老舗メーカーであるパーカーより発売されております、「パーカー 5th アーバン プレミアム」のレビューと参りましょう。

130317ozpa_parker02.JPG

1月の誕生日にプレゼントとしていただいたのがこちらの「パーカー 5th アーバン プレミアム」。人気のアーバンモデルに「パーカー 5th テクノロジー」を搭載した逸品でございます。

「パーカー 5th テクノロジー」とは、万年筆、ボールペン、ローラーボール、ペンシルのいずれとも異なる、第5の筆記モードとの意味が込められているパーカー社の新技術。

GIZMODOさんでも一度記事にしてますがスラッスラと滑らかな書き心地を実現し、インクがにじまない、キャップを一日閉め忘れても書けなくなることが無いと言った特長を持っている、まさに「良いとこ取り」なペンなのです。

外観

130317ozpa_parker03.JPG

ではまずペンの外観から見ていくとしませう。

パーカーの伝統的パターン「シズレ」をモチーフにした滑らかな曲線が、触欲をそそります。上手い事言った。

130317ozpa_parker04.JPG

ほぼ毎日使用して2ヶ月強のペン先がこちら。チップは使ううちに形状を変化させ、使えば使うほど手になじむ仕様となっております。さらに、筆記する際には必要な量のインクだけが染み出すという新構造とのこと。

ペン先にあしらわれた刻印が書欲をそそりますね。上手い事言いそびれましたね。

130317ozpa_parker05.JPG

ペン尻のスプリング機構は、それぞれの筆記スタイルに合わせた筆圧調整をしてくれます。

130317ozpa_parker06.JPG

リフィルも交換が非常に簡単!細字と中字のタイプがあり、色もブラック、ブルー、パープル、バーガンディー、オリーブグリーン、ピーコックブルーから選択が可能です!

書いてみた

何はともあれノートにつらつらと文章を書いてみました。

130317ozpa_parker07.JPG

無駄に字が綺麗ですね。顔は汚いのに。

さて、使ってみてまず感じるのは、とにかくペンが走る!と言うこと。インクが紙に乗る感触は、今までに感じた事のないほどの滑らかさです。

また、インク乗りの良さもさることながら書いた文字に触れても全く手が汚れない事に驚きます。左利きの方にもオススメできますね:)

130317ozpa_parker08.JPG

万年筆のようにペン先の角度を気にする事なく筆記が出来る気軽さと、高級感のある書き味の融合。まさに第5世代のペンを名乗るに恥じない素晴らしい逸品だと感じましたことよ!

パソコンばかり使って文字なんて書かないよ...なんて方も、こんな楽しいペンでアナログノートの良さを再認識してみてはいかがでしょうか!

こんな記事も書いております

目指せ達筆!綺麗な字を書くために私が心がけていることと、行った練習法 | OZPAの表4

パーカー 5th アーバン プレミアム[Amazon]

(OZPA)