サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ

サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ 1

もうすぐ発表!

サムスンのGalaxy S IV3月14日、ニューヨークのイベントで発表されます。これまでいろんなところから情報がリークされているので、かなりのことがわかっています。

去年のGalaxy S IIIは優秀なAndroid端末でした。10ヵ月も経てばたいがいのデバイスはその輝きを失ってしまいますが、リリース時にはAndroidスマートフォンとしては史上最大の熱い期待がかけられていて、4000万台も売れたんです。さらなる飛躍を目指すGalaxy S IVは、Galaxy S IIIを内側も外側もオーバーホールしなきゃいけません。

発売時期

サムスンは発表の場として、2月25日~28日のMWC2013をあえて利用せず、独自に3月14日のイベントを開くことにしました。

サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ 2

発売はヨーロッパ市場が先行し、米国が発表から2ヵ月後くらい、5月か6月頃になりそうです。日本では...どうなるでしょうか?

ネーミング

Galaxy S IIIの後継機の名前は「Galaxy S IV(またはS 4?)」になると思われますが、ちょっと紛らわしいかもしれません。Galaxy S IIIに搭載のクアルコムのプロセッサはSnapdragon S4だし、iPhoneの前世代機はiPhone 4Sだし、GoogleのAndroidフォンはNexus 4です。...まあ、そんなに大問題でもないと思いますが。

デザイン

Galaxy S IIIのポリカーボネートのボディは、何百万回落としても壊れない耐久性という大きなメリットがありました。とはいえ、iPhoneと同じくらい「美しい」と言えるかというと...微妙でした。

サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ 3

去年は機能性だけで良かったかもしれませんが、今年はAndroidにも見栄えの良い端末がそろってきています。HTC Oneではプラスチックの筐体をやめて、iPhoneライクなアルミニウムを採用しています。

Galaxy S IVのデザインに関する情報は手薄です。発表されたばかりのGalaxy Note 8.0はGalaxy S IIIと同じようなプラスチックなので、Galaxy S IVでも同じようなデザインが踏襲されてしまうかもしれません。

それでもあえてGalaxy S IVとされる画像をここに載せるなら、リークされたプレス写真とされるものがこんな感じです。

サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ 4

ただ、この画像の端末にはホームボタンがありませんが、多くの人はGalaxy S IVにホームボタンがあると考えています。なので、この画像通りになるとは考えない方がよさそうです。でもとにかく、大ざっぱに言えば薄い直方体になるのは間違いありません。

ディスプレイ

Galaxy S IVはGalaxy S IIIより大きくなるという予想が多く聞かれます。噂では、4.7インチだったGalaxy S IIIに対し、Galaxy S IVは5インチ、1920 x 1080のAMOLEDディスプレイ、ピクセル密度は441PPIとされます。もっと最近の噂では、AMOLEDじゃなくてFull HDのSoluxディスプレイになるという説もあります。

今はスクリーンのクオリティが重要な「売り」のひとつなので、サムスンとしては解像度やピクセル密度を競合より上にせざるを得ない圧力を感じていると思われます。アップルはずっとRetinaディスプレイを強調していますし、HTC Oneの4.7インチ、1920 x 1080、468PPIのディスプレイと比べるとGalaxy S IIIの310PPIはかなり残念に思えます。

ディスプレイが大きくなるという噂は、サムスンがこれまでサイズにおいて他社をリードしてきたこととも一致します。また、展示会で見た彼らの製品ロードマップには「5インチのフルHDスクリーン」がしっかり載っていました。

カメラ

Galaxy S IIIのカメラは、発売から10ヵ月経った現時点ではフラッグシップ機の水準に達していません。今はカメラの性能も重視されていて、ノキアのPureViewとかHTCのUltraPixelといった技術が注目されています。

いくつかの噂やリーク画像では、Galaxy S IVには13メガピクセルのカメラが搭載される模様です。それはソニーの1/3インチExmor RSイメージセンサーと同じ解像度です。そうだとすると、何らかの新しい画像処理技術も発表するものと思われます。

130302_gs4rumorsum5

サムスンがGalaxy S IVで賭けに出る必要はありませんが、ここ数年彼らは画像技術にかなり投資しています。去年の夏あたりから、その技術がモバイル端末にも実装されるようになっています。去年の秋に発売のGalaxy Cameraは、光学21倍ズームレンズとか16メガピクセルの1/32.3インチのイメージセンサーこそ既存のカメラから持ってきたものでしたが、作ったのはサムスンのモバイル部隊でした。他の部分はスクリーンからプロセッサまで、ほとんどGalaxy S IIIと同じでした。言い換えれば、サムスンは1/33インチより大きな1/32.3インチのカメラをGalaxy S端末にすでに載せているということです。かさばるズームレンズを外して、1/32.3インチセンサーをGalaxy S IVに搭載させることだってありえます。

去年12月、サムスンのデジタルイメージングチームは米Gizmodoの取材に対し、彼らがGalaxy Cameraのような製品のポテンシャルを真剣に考えているとしています。そしてこの分野で「近々」ニュースがあるとも言っていました。つまり今回がそのタイミングじゃないでしょうか。

バッテリー

バッテリー容量が2600mAhくらいに増量されるんじゃないか...って説があります。Galaxy S IIIのバッテリー容量は2100mAhで、不便でした。大きめのLTE対応Androidフォンは、バッテリーが丸1日も持たず、みんな苦労しています。もしGalaxy S IVのスクリーンがより大きく高解像度になれば、バッテリー消費もかさむのが目に見えています。最低でもHTC Oneと同じ2300mAhくらいにしてほしいですね。

OS

Galaxy S IVがAndroid 4.2(JellyBean)搭載というのは、他のサムスン製品も搭載しているので、フラッグシップ機としては当然と思われています。JellyBeanの次のKey Lime Pieは5月のGoogle I/3Oまで公開されないでしょうし、それが最初に搭載されるデバイスは次のNexusになると思われます。

サムスンの新スマホ「Galaxy S IV」発表前の噂まとめ 5

ただしそれは素のAndroidではありません。サムスンのTouchWiz UIがいくつか新機能を追加してアップデートされそうです。では、Samsung Orbというアプリで360度のパノラマ写真が撮れるとも言われています。

さらに、タッチレスのジェスチャー操作が加わるかもしれません。このは2月初旬に入ったもので、サムスンは他の製品にはこの技術を実装済みです。たとえばサムスンのSmartTVにはモーションカメラが付いていて、メニューのコントロールがそこからできます。多くのサムスンのカメラでも、ズームとかシャッターを切るといったジェスチャーに対応しています。なのでおそらく、Galaxy S IVにもこういった機能が搭載されると見てよさそうです。

中身のパーツ

Galaxy S III同様、LTE対応と非対応の端末がありそうです。米国ではHTC Oneにも搭載の1.7GHzクアッドコアのSnapdragon 600にはLTE通信機能も内蔵されているので、Galaxy S IVに搭載されるのではという見方が有力です。

LTEがまだ普及していない他の国では、今ある願望を込めたでは、サムスンがCESで発表した8コアのExynos 5 Octa搭載になるんじゃないかとも言われています。もしそうなら他のフラッグシップ機よりもはるかに強力ですが、オーバースペックになりそうです。なので現実的には、もうちょっとおとなしいExynos 4 Quadあたりじゃないかと思います。

他のパーツに関しては、Galaxy S IIIのスペックからそれほど上げなくてもいいんじゃないでしょうか。RAMは2GBを超えなくても十分と思われます。ストレージに関しては、32GBと64GBというラインアップが順当ですが、128GBバージョンもありえます。

ネットワーク、接続性

これに関してはGalaxy S IIIから大きな変化はなさそうです。強いて言えば、ワイヤレス充電がありうる程度でしょうか。米国ではAT&T、Verizon、遅れてSprintが、それぞれ4G LTEをサポートして取り扱うと思われます。BluetoothとNFCに関しては、ペアリングとかシンクの機能に何か追加があるかもしれません。Wi-Fi通信機能は言わずもがなですね。

Mario Aguilar(原文/miho)