「AndroidとChromeを一本化する予定はない」Googleのエリック・シュミット会長が噂を否定

「AndroidとChromeを一本化する予定はない」Googleのエリック・シュミット会長が噂を否定 1

アンディ・ルービンがAndroidのトップを辞めChromeトップのスンダル・ピチャイに交代したビッグな人事をめぐって巷では千通りの説が出回ってるわけですが、どれもChromeとAndroidが一本化する前提で「で、どうなるのよ?」という方面で話がひとり歩きしている感があります。

どうなるも何も、その前に本当に一本化するのかどうかだよね、って考えたロイター記者さんがズバリ尋ねてみたところ、御大エリック・シュミット会長は「根も葉もない噂じゃよ」と言下に否定したようですよ?

ChromeとAndroidはこれからも別々の2つのOSとして残る、と言うんですね。無論、今後オーバーラップする部分は増えるかもしれないけどね、との但し書き付きで。ひとりの男の配下に収まったからって、ひとつの部署になるわけじゃない、と。

Androidの市場は巨大です。それがChromeと融合するとなれば影響は甚大ですから、会長自らこの話題に言及するのは無理もありません。仮に本当でも極秘で進める類いのことでしょうから、否定するのも想定内ですよね。まさか両手投げ出して「あ〜れ〜もうバレちゃった?」とか言うわけがない。

あまりにも噂が燃え盛ってるのでバケツ1杯水かけましたってところですかね。本当か嘘かは時が教えてくれるでしょう。

Reuters

Eric Limer(原文/satomi)