攻めるキヤノン! クラス世界最小・最軽量「EOS Kiss X7」とワンランク上のエントリー機「EOS Kiss X7i」が登場

攻めるキヤノン! クラス世界最小・最軽量「EOS Kiss X7」とワンランク上のエントリー機「EOS Kiss X7i」が登場 1

初めてのデジタル一眼レフとしても、メインカメラのサブとしても最適かと。

キヤノンのエントリーデジタル一眼レフといえば「EOS Kiss」シリーズですが、その最新モデルが発表されました。どちらも1800万画素のAPS-C CMOSセンサーに映像エンジン「DIGIC 5」を搭載。2機種ありますので、順番にご紹介します。

まずは「EOS Kiss X7」です。こちらは小型軽量がポイント。重さはなんと370g。後述のEOS Kiss X7iが525gですから、約150gも軽い。APS-Cのデジタル一眼レフカメラでは世界最小・最軽量となっています。

連射性能が約4コマ/秒で、背面のタッチセンサー付き液晶ディスプレイは固定式です。また、シーンモードにはキッズ、料理、キャンドルライトが追加され、エフェクトショットやトリミング機能が追加されており、手軽に楽しい写真が楽しめるようになっています。

お子様やママに1台というのもいいですね。

130320EOSKissX7i-06130320EOSKissX7i-07

攻めるキヤノン! クラス世界最小・最軽量「EOS Kiss X7」とワンランク上のエントリー機「EOS Kiss X7i」が登場 2

さてもう1機種は、基本性能が充実した「EOS Kiss X7i」です。エントリーモデルといっても、かなり高性能。ISO感度は常用で100-12800、拡張時は25600まで使用可能。最高約5.0コマ/秒の高速連写、9点オールクロスAFポイント(中央はF2.8クロス)、タッチセンサー付きバリアングル液晶などなど、ちょっと前ならばフラッグシップ機といってもいいくらいの機能満載です。

写真にいろいろな効果を適用出来るクリエティブフィルターは、ライブビュー画面でリアルタイムで確認しながら撮影できるなど、使い勝手もよくなっています。また、動画撮影機能も充実。ステレオマイクを内蔵し、風切り音のカットも行えます。

背面や上面の写真はこちらから。

130320EOSKissX7i-02130320EOSKissX7i-03130320EOSKissX7i-04

右手のグリップが深めで持ちやすそうですね。

X7の小ささについてよくわかる動画は以下からどうぞ。

なお、この2機種と同時に発売されるレンズが「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」です。

攻めるキヤノン! クラス世界最小・最軽量「EOS Kiss X7」とワンランク上のエントリー機「EOS Kiss X7i」が登場 3

前モデルと比べると、STM搭載により、動画撮影にも静かなで高速なAFを実現。また、最大撮影倍率が0.36倍にアップしており、より利便性が高くなっています。低価格のレンズでは、よくAF時に前玉枠が回転してしまうものが多いのですが、このレンズは前玉が非回転仕様になりました。PLフィルターなどを装着している際の操作性が向上しますね。

このレンズは、EOS Kiss X7およびEOS Kiss X7iのキットレンズにもなっています。

発売は4月下旬。予想価格はEOS Kiss X7のボディのみは約8万円、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMとのレンズキットが約9万円。EOS Kiss X7iのボディのみで約9万円、レンズキットが約10万円となっています。

ゴールデンウィークでデジタル一眼レフデビューという方に最適な1台になるのでは? プラス1万で高機能なX7iを買うか、取り回しのいいX7を買うか、どちらにしようか迷っちゃうなー。

EOS Kiss X7EOS Kiss X7iEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM[キヤノン(ニュースリリース)]

EOS Kiss X7EOS Kiss X7iEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM[キヤノン(製品ページ)]

(三浦一紀)