Facebookからブロックされた仏美術館の裸婦写真

Facebookからブロックされた仏美術館の裸婦写真 1

芸術家のみなさん

もし、胸を露出したアート作品をFacebookに載せる予定なら注意してください。たとえ、どんなに芸術的であってもFacebookからシャットアウトされちゃいますから...。

教訓を教えてくれたのは、ジュ・ド・ポーム国立美術館(Jeu de Paume museum)。この美術館は、ご覧になっているロール・アルビン・ギヨ(Laure Albin Guillot)の裸婦の写真を投稿した後に自分にFacebookの照準が定められていることに気付いたんです。(もともとは、この胸の部分の黒い四角は無く、普通の裸婦でした)

Facebookでの妨害はシビアなもので、ジュ・ド・ポーム国立美術館のページを24時間ブロック! その間、美術館はポリシーを再考することにしたそうです。

私たちは24時間ブロックされたことによりFacebookコミュニティーの規格に違反している事に気づきました。そして、以前にもウィリー・ロニ(Willy Ronis)とマニュエル・アルバレス・ブラーヴォ(Manuel Alvarez Bravo)のヌードを発行して問題になっており、次に違反を起こした際にはFacebookはアカウントを永久に無効になる可能性もあると忠告をうけたので、これからはどんなに芸術的な価値が高い作品であると確信する作品であったとしても、ヌードを投稿するのはやめることとしました。個人的性質のコンテンツを発表する権利は尊重されないんです。

まぁ、表現の自由がある一方でヌードの芸術性っていうのは線引きが難しいといえば難しいので、融通利かないよね...って思われるような規定でもしかたないのかなぁ? なんて思ったりも!?

Facebook via BI

-Brian Barrett(原文/junjun)