HTC Oneのカメラを、iPhone 5、Lumia 920と比較!

130318_htconecamera1

UltraPixelの実力とは。

2月に発表されたHTC Oneは、独自のUltraPixelカメラが大きな特長とされています。ピクセル数は4メガピクセルと今どきのスマートフォンの中では控えめながら、その分CMOSセンサーにおける画素ひとつひとつの面積が大きくなり、他社比300%増の光が取り込める、と言われています。

米Gizmodoでは、HTC Oneの比較対象としてノキアのLumia 920、そしてアップルのiPhone 5のカメラを選びました。Lumia 920もiPhone 5も、最近行ったスマートフォンカメラ比較ではトップの評価を受けているからです。テストするシチュエーションは、低照度でフラッシュあり・なし両方のケースと、太陽光の下です。ひとつのテストではすべてのカメラで同じポイントから撮影しているので、フレーミングが違うのはそれぞれのカメラの視野が違うからです。

その結果ほぼすべてのケースで、HTC Oneのカメラが期待を上回る性能で、他の2端末をしのいでいました。冒頭の画像でも、HTC Oneのカメラの良さが見えてくると思います。色の再現性、ダイナミックレンジの広さが素晴らしいです。HTC Oneの画像はシャープでバラの深い紅を捉えており、後ろにある葉の緑も正確です。iPhone 5とLumia 920のバラはHTC Oneと比べると人工的で処理過剰の印象があるのに対し、HTC Oneのバラはリアルに感じられます。

体照度での撮影

130318_htconecamera2

ここでは、Lumia 920とHTC Oneがかなり良い勝負です。前者で撮った画像が色飽和気味で不自然に見えるのに対し、後者では粒子の粗い感じになっています。総合的にはLumia 920が若干良いように見えます。また、どちらもiPhone 5よりはちゃんと撮れています。

勝敗:Lumia 920の勝ち。

フラッシュ撮影

130318_htconecamera3

これまで、Lumia 920やiPhone 5のフラッシュを高く評価してきました。が、HTC Oneはそれらを超えています。見ての通りフラッシュがソフトなので、被写体の像のディテールも飛んでいません。

勝敗:HTC Oneの勝ち。

太陽光の下で

130318_htconecamera4

日中の屋外ならだいたいどんなカメラでもきれいに撮れると思われますが、実際そうでした。でも比較すると、やはりここでもHTC OneとLumia 920の僅差の勝負となっています。HTC Oneの画像に見られるコントラストも良いのですが、逆に言うと不自然にシャープな印象もあります。もうちょっと拡大して見てみます。

勝敗:HTC OneとLumia 920がタイで勝ち。

上の画像をピクセル等倍表示

130318_htconecamera5

上で撮った画像をピクセル等倍に切り出して見ると、画像全体から受けた印象を裏付けるものが見えてきます。HTC Oneの処理アルゴリズムでは画像が過剰にシャープにされていて、Lumia 920のようにソフトでリアルな輪郭と比べるとくっきりし過ぎに感じるんです。でも過剰ではあっても、シャープになることでディテールはある程度捉えられるので、どちらが良いかは個人の好みになってきます。ちなみにこの真ん中の高いビルは、9・11で破壊されたビルの跡地に建設中のタワーみたいです。

勝敗:HTC OneとLumia 920がタイで勝ち。

まとめ

HTC OneのUltraPixelカメラはマーケティング用のバズワードじゃないかと思っていましたが、実際こうして比較してみると、ちゃんと実質を伴っているようです。どのテストでも、HTC Oneのカメラが他のふたつより良く撮れているか、タイでした。Lumia 920と比べてよいかどうかは好みになりますが、HTC Oneのカメラは、今手に入るスマートフォンカメラの中で最高のもののひとつであることに間違いありません。

Mario Aguilar、Nick Stango(原文/miho)