【アップルサムスン戦争】アップルにウェブサイトでの謝罪を命じた裁判官、なんと今はサムスンの特許担当者に

20130301judgeforsamsung.jpg

え? どういうことでしょう。

アップルサムスン裁判戦争の一部でアップルが敗訴し、アップルウェブサイトトップに「サムスン真似してない」という謝罪文を掲載して注目されましたね。なかなか例のない裁判所命令だったそうですが、その命令をだした裁判官が今なんとサムスンで働いているといいます。

特許法のエキスパートであるFlorian Mueller(フロリアン・ミューラー)氏の調べによりますと、Robin Jacob(ロビン・ジェイコブ)氏は英国のアップルサムスン裁判を担当した裁判官の1人。が、そのJacob氏、なんと現在は対エリクソンの特許問題でサムスンの特許エキスパートとして名前があがっています。つまり、Jacob氏は、サムスンに雇われている側ということ。

アップルサムスン英国裁判で良い働きをした + サムスンへの理解が深いということで、今回雇われたのかもしれませんね。

法的には何の問題もありませんし、なんちゃないって言えばなんちゃないのですが、変に勘ぐってしまうのは噂好きだからかしら...。やーね。

FOSS Patents

Image by opopododo under Creative Commons license

そうこ(Gary Cutlack - Gizmodo UK 米版