これで天才になれる!?東大が開発に携わった脳を活性化させるデスク

これで天才になれる!?東大が開発に携わった脳を活性化させるデスク 1

勉強は勿論、クリエイティブ・ワークにもオススメ!

東京大学とMONO-LAB-JAPANは産学共同プロジェクトとして集中力が増し、創造性が発揮されるデスクを開発しました。経営者、研究者、企画担当者、受験生を対象とした座るだけでアイデアがどんどん湧いてくる全方位デスクです。

これで天才になれる!?東大が開発に携わった脳を活性化させるデスク 2

このakamondesk(赤門机)は人間の思考と一体化した機能・デザインとなっており、センターゾーン(前頭葉)・左右サポートゾーン(側頭葉)・試行錯誤ゾーン(頭頂葉)・前頭葉(コルクボードゾーン)・書棚俯瞰ゾーン(後頭葉)と思考を司る脳の部位と関連付いた5つのゾーンで構成されています。また角を丸くすることで脳に優しく、ストレスフリーで集中できる効用があるそうです。

akamondeskは税込で49万8000円。これで天才になれるなら高くない...かも?

akamondesk

(KITAHAMA Shinya)